ジェイさんツアー(世界遺産と動物探検ツアー)に参加

今日は午後から日本人に人気のジェイさんツアー(世界遺産と動物探検ツアー)に参加しました。ガイドさんはバイリンガルで日本語が完ぺきなジョンさん。参加は我が家を含めて日本人3家族。

車はキュランダ付近の熱帯降雨林の山を越え、ケアンズから見ると西側にある標高500メートルほどの高地、アサートン・テーブルランドの方へ向かいます。この辺りは15年前にメルボルン大学に留学していた折、研修旅行で来たことがあり、その時にはアサートンにも泊りました。

テーブルランドに入ると車はまず、大きなアリ塚で停まります。これはシロアリが作ったアリ塚。なんでも女王アリは30年から40年生きるそうで、アリ塚もその間成長し続けるとか。アフリカの乾燥地にいた関係でアリ塚にはなじみがありますが、女王アリがそんなに生きるものだとは知りませんでした。

シロアリ塚

シロアリの試食もできますが、食べた人の話では「枯れ草の味そのもの」だそうです。ちなみにアフリカ時代女王アリを食べた人がいましたが、その時の味は「エビ味のタラコ」だと言っていました。

次に向かうのはマリーバという町のゴルフ場。ここにはゴルフ場の草を食べるために野生のカンガルーが集まって来るのです。

カンガルー

ここにいるカンガルーは、あまり大型ではない、ヒガシハイイロカンガルー(直訳)。カンガルーは2本足で立つし、しぐさもちょっと人間ぽいところがあって面白いです。このカンガルーには10メートルくらいのところまでしか近づけません。

次に向かったのはロックワラビー(岩場に住むかなり小型のカンガルー)に餌をやれるというところ。こちらも野生ですが、ここのロックワラビーは人に慣れていて、手から餌を食べてくれますし、体に触ることも可能です。

ロックワラビー

このくらいのサイズの生き物だと、末娘も怖がらずに餌をやったり、触ったりできます。見ていても非常にかわいい生き物です。

15年前にもロックワラビーを見た記憶があるのですが、同じ場所だったかどうかは定かでありません。あの時もケアンズ発のツアーだったので、多分ここだったのでしょうけど、当時はもう少し広く歩きまわれたような記憶があります。

ロックワラビーにバイバイしたら次はトルガという小さな町へ向かいます。この辺りはフルーツやピーナッツを主に生産している農業地帯。ここにピーナッツとアイスクリームがおいしいお店が一軒ぽつんとあります。この看板が目印。

ピーナッツ屋さんの看板

新鮮なフルーツの試食もできますが、フレッシュフルーツが買えるわけではありません。フローズンやドライのマンゴーはありますが。

ピーナッツ屋さん

左側に人が集まっているところが、フルーツの試食コーナーです。多分、ツアー参加者のみへのサービスだろうと思います。

ここでのお勧めは、やたら種類が多いピーナッツとアイスクリーム。ガイドのジョンさんが特にお勧めのピーナッツはワサビ味!だそうで、冗談かと思っていたら、本当にワサビ味のピーナッツがありました。そしてこれがかなりうまい。そこでお土産用と自家用とで二袋購入。

アイスクリームは、この土地の牛乳を使い、この土地のフルーツを使っているそうで、今までオーストラリアで食べた中では最高のものでした。以前キュランダで食べたホームメイドアイスクリームよりも、かなり上!立ち寄る機会のある方は是非どうぞ。お勧はマンゴー、ストロベリー、そしてチョコレートです。自然なカカオが効いています。

アイスクリーム屋

そしてツアーはいよいよ佳境へと。

夜はお庭でバーベキュー。食べるのはオージービーフ

オーストラリアと言えばオージービーフ。スーパーで買ってきた牛肉の値段は日本の十分の一。結構最近オーストラリアも物価は高いみたいだけど、牛肉の値段は圧倒的に安い。ちなみに写真の肉で千円くらい。しかも、脂が少なくてうまい。日本の霜降り牛肉はあまり好きでないのです。

バーベキュー

そして借りた家の庭に据え付けられているのが大きなバーベキューコンロ。プロパンガスのバナーが4つも付いている、という代物。これで一気に野菜や肉を焼きあげます。火は別々にコントロールできるので便利。

肉の味は…一番安いのにしたけどうまい!食べきれなかった肉は翌日のカレーライスに入れました。