ケアンズ熱帯動物園

今日はバスを乗りついてケアンズ熱帯動物園へ。一度ケアンズ市街に出てバスを乗り換えるのですが、そこからが日曜日は1時間に1本しかありません。乗り継ぎが悪いため30分くらいバス停で待って、50分ほど揺られて動物園へ。

ケアンズは、動物園がどうやら民営のようで、入場料が高いです。大人二人子供二人だと割引になる家族チケットがあるのですが、それでも80ドル、つまり7千円くらいします。動物園への入場料だけで7千円。公営の動物園が多い日本では考えられない値段です。

中は…はっきり言えばとても小さい。日本でこんな小さな動物園は見たことがありません。でもすいているし、動物が近いから結構楽しい。我が家の子どもたちにはちょうど良い感じの動物園です。

まずは、今朝借りている家の周辺でも鳴いていたワライカワセミ(左側)。右は多分近縁種のBlue-winged Kookaburra だと思います。

ワライカワセミ

これはケージの中に入っていましたから、飼われているものでしょうけど、この動物園にいる鳥たちの多くはどうやら野生のようで、いきなり飛んでいったりします。多分飼われているだろうオウムの近くには野生のオウムが遊びに来ていたり。

そしてお約束のカンガルーへの餌やり。

カンガルーへの餌やり

末娘はなぜか怖がっていたのですが、よく見るとこの個体は娘より背が高い。動物は自分より目線が高いものを怖がりますからねえ。小さめのカンガルーには平気で餌をあげていましたし。

しばらく遊んでランチ。動物園の中のその名もコアラ・カフェ。何故かと言うと

コアラ・カフェ

僕が頼んだラザーニャの向こうに見えるのは、コアラです。つまりコアラの横で食事ができる、という趣向。コアラは寝たままなので、いてもいなくてもあまり意識することはないのですが。子どもたちはむしろ、餌をねだりに集まって来る、脇の池のカモやツルに気を取られていました。

ついでにここのメニューを紹介。「子ども向けメニュー」として売られていたフィッシュアンドチップス。これだけ。

フィッシュアンドチップス

そしてソーセージアンドチップス。これだけ。

ソーセージアンドチップス。

ここでのお勧めは、フランスパンを使ったサンドイッチか、オージービーフのハンバーガーのようです。

午後はワニのショーがある、というので、その間園内をぶらぶら。おりの中で暇そうにしているディンゴのおりの前で長男が走ったら、ディンゴは大喜び。何度も走ると、あまりなかないはずのディンゴがワンワンないて、もう一回とせがみます。犬ですけど、躍動感は野生動物ですね。

そしてワニのショーは…この日は雨が降り、寒かったそうでワニの動きが鈍く、大きなワニが餌にかぶりつく迫力シーンは見られませんでした…

クロコダイル

グレートバリアリーフは遠かった

今日はケアンズ滞在10日目くらいにして初めての海。大きな船に乗ってグレートバリアリーフまで出かけます。グレートバリアリーフと言うのは、沖縄のサンゴ礁のように島のすぐ外側を取り巻いているものとは違い、オーストラリア本土とは数十キロ離れています。そこまで行く船も結構大型です。

reef magic

これがグレートバリアリーフまで行く船。わかりにくいですが、揺れを抑えるために双胴船になっています。

ところがこの日は、と言うか、この季節は、天気は良い代わりに風が強く、波が高いのが特徴だそうで、この日の波の高さも2メートル以上。「揺れます」とは乗船してすぐ言われましたが、沖に出るに従い、大変な揺れ。

乗り物に酔いやすい次男がダウンして船尾で袋の中にゲロゲロやっているのを介護していたら、ベビーカーに乗せておいた末娘がその間に、服の上にやってしまい、大混乱。

でも船のクルーは慣れたもので、使い捨て手袋をはめっぱなし、ティッシュボックスを持ちっぱなしで、大勢の船酔い客の介護にあたっていました。

1時間半の苦難を乗り越えて着くのは、グレートバリアリーフに設けられた浮き桟橋のようなポンツーンと呼ばれる施設。下の写真はお隣のポンツーンです。

ポンツーン

この上に、ダイビングやシュノ―ケリングの用具、更衣室、グラスボートの発着場や、その他の施設が揃っています。昼食をはさみ、この周辺でアクティビティを楽しむわけです。

ポンツーン到着後、ウェットスーツを着込んでガイド付きのシュノ―ケリングに参加。

ウェットスーツ

ところがこの後、水に入る段になって、次男がリタイア。初めての経験でしたが、足ひれを付けるためのプラットフォームが半水中で、彼の背には既に深く、波も荒かったので怖かった模様。次男はこの後昼食後にママと一緒に再チャレンジして、ちょっとだけシュノーケルで水の中を覗くのに成功しました。

一方、昨日10歳の誕生日を迎えた長男は、もう数年間水泳を習っている成果か、水にも全く動じず。ガイド付きのシュノ―ケリングを楽しみ、「もっと泳ぎたい」と、浮き輪もライフジャケットもなしで、パパと一緒にしばらくシュノーケリングを楽しみました。まだ水中に潜ることはできませんが、成長を感じさせてくれました。

シュノ―ケリングを楽しむのはこんな感じ。ただし我が家のメンバーはこの中には入っていません。

シュノ―ケリング

実は僕自身は15年ほど前にグレートバリアリーフでダイビングのライセンスを取っているのですが、今回は家族旅行。子どもたちがもう少し成長したら一緒に楽しみたいものです。

そして最後は、この日子どもたちの船酔い処理や子守に追われたママの出番。一人でぷかぷか浮き、水の中を覗いてご満悦の様子でした。

ママのシュノ―ケリング

結論を言うと、グレートバリアリーフのポンツーンへの船旅は、10歳以上向き。往復に時間がかかりますから、その間海が荒れたら大変。また、シュノーケリングができないと、グラスボートなどに乗るしかありませんが、それだと沖縄の海でもできるアクティビティかな。自分の体で体感できる体力ができてから楽しめる場所だと思います。

なお、利用したのはリーフ マジック クルーズです。

下の航空写真を縮小して行ってみてください。位置がわかると思います。

[mappress mapid=”3″]

キュランダでアーミーダックに乗る

今日はツアーに入って、熱帯雨林の茂る山地、キュランダへ行きました。列車で行くという選択肢もありますが、片道1時間半以上かかり、小さな子どもは退屈しそうだし、キュランダについてからの時間もゆっくり取れないので、バスで登り、スカイレール(いわゆるロープウェー)で降りて来る、というパターンを選びました。

キュランダに着いて最初のアクティビティは、Rainforest Station でのアーミーダック。これは第二次世界大戦の時に上陸用にアメリカで生産された水陸両用車。動くものは世界でもあまり残っていないそうですが、オーストラリアではこれを修理して、観光の目玉として使っています。

アーミーダック

座席はこんな感じ。一番前で手で上を指しているのがドライバー兼ガイドさん。植物や動物の説明をしてくれます。

乗っているのは30分ほどでしょうか。最初は熱帯雨林の急な坂を下り、そして川と言うか行けと言うか、に入ってスクリューで進みます。この日は動物はあまり見られず、ウォータードラゴン(水棲のトカゲ)が数匹のみ。

アーミーダックのダックという名前の由来は多分この顔から。

アーミーダック

小さな公園を見つけた

今日は日中遠出をせず、子どもたちは宿題と勉強、親はそれぞれコンピュータに向かってお仕事。一段落してから家族で近所のお散歩に。

小さな川沿いに歩ける道を見つけて入っていくと、小学校の横を通り、その奥には小さな公園、というか大きな木の下に遊具が一つ。

ケアンズの小さな公園

何の変哲もない、と言えばその通りだけど、川沿いの散歩道の先にちょっとした素敵な場所を見つけてなんだか得した気持ち。

付近は住宅地だけど木々が多く、トキやらオウムやらケリやら、大型の鳥も知らん顔してたたずんでいるし。オーストラリアだなあ。

昼食時に家に帰ると、長男が「パパ、DSの充電ができない。」

え?DSの充電?ちなみにDSは帰りの飛行機の中で退屈しないように持ってきたもの。

もしかしたらやってくれたか、と思ってACアダプターを見てみるとAC100V専用。オーストラリアは240Vですから、直接突っ込まれたACアダプターはご臨終の模様。DSがやられていなかっただけ良かった。

午後からは、近くのショッピングセンターで充電用ケーブルを探します。USBから充電できるはずなので、USBケーブルを探しましたが、ケーブル単品はなし。その代わり、オーストラリアの電源や車のシガーライターに繋いでUSB電源を取り、DCなどに充電できるセットを店の人に勧められ購入しましたが、ケーブル単品の3倍くらいの値段についてしまった…。

帰国してからはDSは太陽光発電装置のUSB出力に繋いで充電することにしよう。

家族で初の休暇海外旅行はケアンズ

今、オーストラリアのケアンズに来ています。我が家は長男はニューヨーク生まれ、次男はセネガルのダカール生まれと、海外に出た経験は長いですが、仕事ではない休暇で揃って海外に出かけるのは今回が初めて。末っ子の長女にとっては初めての海外です。

目的地は夏の暑さを避け、南半球のオーストラリア、ケアンズ。暑からず寒からずの地を選びました。僕自身はオーストラリア留学中にケアンズは2度訪れているので、これが3度目になります。

適切な直行便が関西国際空港からのジェットスターの便に乗りましたが、格安航空会社のエコノミークラスは、座席の幅は比較的確保されているものの、やはり夜行便に使うにはきついなあ、というのが正直なところ。でも家族5人分の航空券となると、贅沢は言えません。

ケアンズの気候は最高!超さわやか。夏の高原と言った感じでしょうか。朝夕は空気がひんやり。日中は日差しは強いものの、外を歩いても汗は出ず、超爽やか。買い物に行ったショッピングモールの中のフードコートであった日本人の方の話では、ケアンズは今が一年で一番良い気候だそうです。

そして今回は、ホテルを使わず、二家族共同で大きな家を一軒借りました。ケアンズの町の中心まではバスを使わないといけない距離ですが、これはいい!もう、ここでのんびりしたくなってしまいます。とりあえず家の正面写真から公開。この裏に気持ちの良い庭があります。

ケアンズの家