日間賀島へ 民宿きの助に宿泊

仕事に少し目途が付いてきたので、週末に家族で日間賀島に出かけました。知多半島の先端にある師崎港までは、大部分を高速道路で走れます。一宮市から一時間半もかからないかな。名古屋高速と知多半島道路ができて随分楽になりました。2月に日間賀島へ行く目当てはもちろんフグ料理です。

午後3時発の高速船で日間賀島西港に。ここで出迎えてくれるのがタコ。

日間賀島のタコ

前回日間賀島に来て、このタコのところで記念写真を撮った時は、末娘はまだこの世に存在しませんでした。

ここにはサンセットビーチというビーチがありますが、冬季は閉鎖中。砂が波でさらわれないようにシートで覆われています。

日間賀島サンセットビーチ

その波打ち際でビニール袋を持った次男がしているのはゴミ拾い…ではなく、限りなくゴミ拾いに近い貝殻拾い。沖縄じゃないんだから、この辺ではきれいな貝はあまり見つからないと思うんだけどなあ。

この日の宿泊は民宿「きの助」。船着き場から少し住宅街の中に入り、右に路地を入って行ったところに玄関があります。

日間賀島きの助

気の良いおかみさんが出迎えてくれて、帰りには子どもたちに一瓶ずつ海苔のつくだ煮をお土産に持たせてくれました。家族風呂も、我が家は使いませんでしたが、「無料で使っていいよ」と言ってくれましたし、子ども連れにはとても優しい感じ。ちなみにお風呂は人工温泉です。施設も最近リノベーションしたのか、比較的きれいでした。