今須 平井集落聖蓮寺

関ケ原から登った松尾山小早川秀秋陣跡から南に東海自然歩道をたどり、降りてきたのが中山道今須宿のある今須の平井集落。とくに有名な観光地でもないですが、地図で見つけて気になっていたのが聖蓮寺です。

平井の集落はこんな感じ。こじんまりとした場所です。集落にたどり着く直前の山道(林道)から。

今須 平井集落
今須 平井集落

集落の中は細い道が入り組んだ、風情あるたたずまい。人はほとんどで歩いていません。平日日中ですからね。

今須 平井集落
今須 平井集落

そしてこれが聖蓮寺。大きな寺ではありませんが、梅の花が一番に目に飛び込んできます。良い季節に来たようです。聖蓮寺は親鸞聖人に縁があるそうですが、聖蓮寺の詳細はこちらを参照してください

平井集落の聖蓮寺
平井集落の聖蓮寺

梅はこんな感じで咲き誇っていました。ただし、下の写真の梅は、聖蓮寺が有名になった八房の梅ではありません。

聖蓮寺鐘楼前の梅
聖蓮寺鐘楼前の梅

八房の梅はこちら。八房の梅に関してはこちらの説明をどうぞ

聖蓮寺八房の梅
聖蓮寺八房の梅

八房の梅をアップで狙いましたが、風があってピンボケになってしまいました。

聖蓮寺八房の梅
聖蓮寺八房の梅

聖蓮寺の境内をぐるっと撮影した動画。

今須 聖蓮寺

この時、時刻は正午をとっくに回っていて、集落の周辺でランチが取れるところを探しましたが、皆無。しかたなく、そのまま歩いて今須宿を目指しました。(あとで地図で調べたら、集落の外にランチを出すお店が2店ほどありました…)

豊川稲荷

豊川稲荷は愛知県豊川市にあります。名称に稲荷とついていますから、ずっと「大きな稲荷神社」かと思っていましたが、違っていました。豊川稲荷の正式な名は「妙嚴寺」、つまり仏教寺院です。山門に祀られる豐川吒枳尼眞天像が白狐に跨っているため、そこから稲荷と呼ばれるようになったそうです。では豐川吒枳尼眞天とは何?詳しくは豊川稲荷のホームページをご覧ください

豊川稲荷の最寄りの駅は、名鉄の豊川稲荷駅あるいはJR飯田線の豊川駅。この二つの駅は隣接しています。名古屋方面からだと、飯田線へ乗り換えて…というのはとても面倒。通常ほとんどの人が豊川稲荷駅を利用するのではないでしょうか。

豊川稲荷駅からは、参道の商店街を通って豊川稲荷へと向かいます。10月末の平日に訪れたので、他の参拝者も少なく、閉まっているお店もちらほら。

豊川稲荷への参道

妙嚴寺山門前には「妙嚴寺」ではなく「豊川稲荷」という石柱が。通称の方が本名よりもずっと有名になっていて、お寺さんの方ももうそのつもりなんでしょうね。

妙嚴寺山門
妙嚴寺山門

妙嚴寺山門前の道路を挟んで土産物店や、稲荷ずし、きし麺等を出すお店が。観光地の割には良心的な価格なのであとで立ち寄ることにしました。稲荷ずしを出すお店は他にもたくさんあります。左奥に見えるのは豊橋名産ヤマサのちくわのお店ですね。

さて境内で目に付くのは大きな鳥居。その両側には狐。え?鳥居に狐?やっぱり稲荷神社?と思わせるのですが、その奥にあるのは曹洞宗の本堂。不思議ですねえ。

豊川稲荷の鳥居と狐
豊川稲荷の鳥居と狐

本堂は大きく、なかなか荘厳ですが、この前にもやはり狐の像が。でも本堂の柱に掲げられた看板には漢字で書かれた真言が。やはり仏教寺院。

豊川稲荷本堂
豊川稲荷本堂

本堂の右奥に続く道を入っていくと、そこは不思議な空間。寄進された旗がずらりと並ぶ小道。

豊川稲荷旗の並ぶ小道

そしてその奥にあるのは…豊川稲荷のハイライト、有名な狐塚。もう少し大きな狐が並んでいるかと思っていたら、そうでもありませんでしたが。

愛知県 西尾市 茶畑と抹茶パフェに出会う

2020年10月29日、名鉄(名古屋鉄道)のキャンペーン切符を利用して、西尾市へ行ってきました。この切符は乗車券にお土産(抹茶飴)の引換券や、西尾市内のカフェで抹茶パフェを食べられるチケットが付いたもの。

西尾という町は、江戸時代には西尾藩6万石として栄え、西尾城もありました。現在でも三河の小京都と呼ばれている…ということになってはいますが、行ってみての感想は「小京都と呼ぶにはかなり無理がある」現実でした。

最近は抹茶の産地として知られるようになり、特にお菓子用などに使われる原料としての抹茶生産が行われているようです。

名鉄西尾駅を降りて、まずは西尾城の方へ向かいます。市街地の道歩きで、歩いていて楽しいことは別にありません。道沿いで見つけたのは、抹茶関連の商品が充実した茶店、抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店。名鉄のチケットはここでも使えますが、歩き始めたばかりなので我慢して先へ。

抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店
抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店

尚古荘

西尾城の手前にあるのが尚古荘という名の日本庭園。ここは西尾城関連の庭園かと思いきや、さにあらず。西尾城東の丸の遺構に作られてい入ますが、作庭は昭和初期。それでも100年近く前ということにはなりますか。

西尾城東の丸の遺構に作られた尚古荘

西尾城跡

尚古荘にほぼ隣接するのが、西尾市歴史公園。まるまる西尾城の跡地です。門や天守閣がありますが、再建されたもの。天守閣の内部まで無料で入ることができます。

西尾城

旧近衛邸

西尾市歴史公園内にあるもう一つの施設が旧近衛邸。京都にあった江戸時代後期の近衛家の邸宅の一部を移築したものだそうです。近衛家というのは、歴史的に関白など朝廷の要職に付いてきた名家ですね。なぜ近衛邸が西尾に来たのかは定かでありませんが。

数寄屋造りの近衛邸
数寄屋造りの近衛邸

近衛邸では、庭に面した縁側で抹茶を頂くことができます。お城も見えてこれはお勧め。

近衛邸で抹茶
近衛邸で抹茶

西尾市歴史公園で見かけた飲料の自動販売機。どうやら製茶組合のようなところが仕掛けているようです。

西尾茶の自動販売機
西尾茶の自動販売機

西尾市歴史公園を出たら、ガンガン歩きます。目指すは西尾市の郊外に広がる茶畑。その辺りに製茶工場や、お茶にまつわる歴史的な場所があるからです。困ったのはランチの場所。どんどん町はずれに向かいますから、食べるところがあまりありません。やっと見つけた中華料理屋さんの味は…ノーコメント。

途中見かけたのが西尾を代表する製茶会社、株式会社あいや。ここは前もって予約しておくと工場見学もできるそうです。後ほどここのカフェに立ち寄りますが取りあえずは通過。

株式会社あいや
株式会社あいや

実相寺

実相寺は1271年、当時この地を支配していた吉良氏の菩提寺として建立。この頃から境内でお茶を育て、お茶がたしなまれていたとか。さほど見るべきものがあるわけではなく、周囲の大きな黒松が印象的でした。

西尾 実相寺
西尾 実相寺

紅樹院

紅樹院は実相寺からあまり離れていないところにある寺院。実相寺からは茶畑の間を通ることになります。西尾らしい雰囲気。

紅樹院は徳川家康の叔母の菩提寺だそうです。が、建物や文化財等見るものはさほどありません。ここで見るのはお茶の木。明治時代になって、紅樹院の住職が宇治からお茶の種子と製法を持ち込んだことによって、現在のお茶の産地である西尾に繋がったそうです。実相寺で育てられていたお茶は…今のお茶とは繋がっていなかったのですね。

紅樹院の茶の木は、その頃宇治から持ち込まれたものの子孫だそうです。紅樹院は文化財というよりは、現在の西尾のお茶の礎となった地、という意味で西尾では大切な場所なんですね。

紅樹院の茶の木
紅樹院の茶の木

あいやで抹茶パフェ

紅樹院を見学したら、来た道を戻り、西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)へ向かいます。ここは株式会社あいやの工場に併設されたカフェです。

頼んだのはこれ。抹茶パフェとお抹茶のセットです。後ろには小さな庭園があって、ちょっと良い雰囲気。おいしゅうございました。本当は、他のカフェでも抹茶パフェを試してみたかったのですが、結構ボリュームがあって、結局ここでしか食べませんでした。

西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ
西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ

茶畑を抜けて

あいや本店の抹茶パフェを堪能した後は、またまたひたすら歩いて西尾の市街地へ向かいます。茶畑の中を抜けるルートを選んでみました。

西尾の茶畑

ここが三河の小京都?

西尾市内は、ところどころに古い街並みや、小さなお寺が残ってはいるのですが、「小京都」と呼べるようなまとまりはないのではないでしょうか。

そうした中で唯一雰囲気が良かった道がここ。両側に寺院があり、石垣や塀が細い道を挟んで続いています。

三河の小京都

ここ以外はいくつかお寺の境内にも入ってみましたが、見るべきものもなく、かつては花街だったのかなあ、と思える路地を通って西尾駅へ。観光案内所で抹茶カリントウを購入して帰途に着きました。

彦根 天寧寺五百羅漢、清凉寺、龍胆寺、大洞弁財天

JR彦根駅の東側を見ると、低い山が連なっています。JR琵琶湖線(東海道線)と、東海道新幹線や名神高速が通る旧中山道とを分けている、石田三成の佐和山城があったあたりです。東山公園や東山保育園という名前がありますから、この辺り一帯は東山と呼ばれているのでしょうか。

彦根と言うと、どうしても国宝彦根城や、彦根の城下町が観光地のイメージですが、この山のあたりも実は見どころが多い歴史上重要な場所。でも訪れる人はほとんどなく、とても静かなウォーキングが楽しめます。

一つ注意が必要なのは、彦根城がある彦根駅の西側とは違い、東側には商業施設や飲食店が皆無に近いこと。歩きながらお店を探しても、駅周辺に数えるほどしかないのが現状。ランチを食べるところとか、ちょっと考えておいた方が良いでしょう。

さて、そんな彦根駅の東側を歩いたのは10月30日、山際と言っても紅葉にはまだまだ早い時期でした。

天寧寺五百羅漢

まず訪ねたのは天寧寺。彦根駅を出て、東に向かい徒歩20分くらいでしょうか。山の斜面を少し登って行ったところにあります。

天寧寺
彦根 天寧寺

天寧寺は文政11年(1828)建立の、井伊直中(井伊直弼の父)ゆかりの寺です。直中に仕えていた腰元の不義をとがめて罰したところ、何と相手は自分の息子だったとか。それを悔いて腰元若竹と園子(つまりは自分の孫)を弔うために建立したとか。何ともはや…の理由ではありますが。

天寧寺の見どころは五百羅漢像。その中で一回り大きな像が十六羅漢像です。これだけの数の像が道内に並ぶ姿は圧巻です。

天寧寺 五百羅漢像

高台にある天寧寺境内からは、彦根城もよく見えますが、ビルや看板がちょっとうざい…かな。

天寧寺から見た彦根城
天寧寺から見た彦根城

天寧寺以外の訪問地は、もう少し北の方、石田三成の居城、佐和山城があった佐和山の麓にあります。山際を直接歩いて行けるハイキングに良い道はないかと探しましたが、どうやらないようで、一旦彦根駅の方へ戻らなくてはなりません。

石田三成屋敷跡

駅の東側からは、高架下をくぐったり、近江鉄道の線路を踏切で渡ったりしながら集落に入ります。東山公園の近くにあるのが石田三成屋敷跡。佐和山の麓ですから、山上に城、麓に屋敷、という構造だったのでしょうか。

しかし、最初は気がつかずに通り過ぎてしまいました。説明を書いた案内板くらいはあるかと思っていたら、場所を示す石柱のみ。かつては二重の堀があり、城下町も作られていたそうですが、その面影は全くありません。

石田三成屋敷跡
石田三成屋敷跡

こちらは近くの公園横にある佐和山城模型。

佐和山城模型
佐和山城模型

清凉寺

清凉寺は彦根藩を治めた井伊家の菩提寺です。井伊直政(なおまさ)の墓所として開かれた曹洞宗の寺院です。井伊家の菩提寺だけあって、なかなか立派な寺院ではありますが、訪ねて面白いところではないかも。

彦根 井伊家菩提寺 清凉寺

龍胆寺

清凉寺の少し北にあるのが龍胆寺。ここは意外に面白い寺でした。清凉寺が明るく開けた感じであるのに対して、龍胆寺の入り口は木立に覆われ、ちょっと気味が悪いかも。

龍胆寺へのアプローチ

龍胆寺の中を拝観するのには、拝観料が必要なのですが、何と素敵な庭もあり、また、桃山時代の障壁画も残っているなど、なかなかのところではないですか。龍胆寺はあまり知られていませんが、お勧めです。

龍胆寺の障壁画
龍胆寺の障壁画
龍胆寺の庭園
龍胆寺の障壁画
龍胆寺の障壁画
龍胆寺の庭園
龍胆寺の庭園

大洞弁財天

龍胆寺の前の道をさらに北へ向かうと、井伊神社を経て大洞弁財天へ。正式名称は長寿院という、真言宗醍醐(だいご)派の寺院だそうですが、有名な弁財天像が安置されているため、大洞弁財天という通称で呼ばれているとか。弁財天像は撮影禁止のため、写真はありません。

建物の木彫などが有名なようです。

大洞弁財天の木彫

彦根城から見ると鬼門(北東)にあたるそうで、山門からは彦根城が遠くに見えます。山門になぜお狐さんがいるのかは不明。

実はこちらが大洞弁財天の正式な参拝ルート。門をくぐると長い長い石段が続いています。

大洞弁財天石段
大洞弁財天石段
大洞弁財天石段
大洞弁財天石段 秋の風景

見上げるとこんな感じ。

大洞弁財天石段
大洞弁財天石段

この石段の下にはJRの踏切があります。参道をJRが断ち切ってしまったんですね。ここから彦根駅までは徒歩20分ほどです。

彦根 天寧寺五百羅漢、清凉寺、龍潭寺、大洞弁財天(ハイキング・コース)

定光寺ハイキング

応夢山定光寺は愛知県瀬戸市の山中にある臨済宗妙心寺派の寺院で、最寄りの駅はJR中央線の定光寺。JR中央線で通過した人は多いと思いますが、山中のさびれた無人駅で、乗降客はわずか。「なぜこんなところに駅が?」と思われる人も多いのでは。

定光寺は尾張の鬼門にあたり、尾張徳川家の庇護を受け、尾張徳川家の初代である、徳川義直の墓、源敬公廟があり、国の重要文化財に指定されています。

この日の定光寺駅を起点とするハイキングコースも「日帰りウォーキング 東海 (大人の遠足BOOK)」に掲載されているコース。よくこんなコースを見つけたな、という気もしますが、一部は東海自然歩道になっています。

訪れたのは11月4日、紅葉にはちょっと早かったですが、それでも色づき始めた木々をある程度楽しむことはできました。

さて、JR中央線の定光寺駅で下車すると、そこは無人駅。駅周辺のお見せらしきものはすべて閉まっており、最近使われていた形跡もありません。駅近くのトイレも古そうで、とても使いたい気にはなりません。

出ばなをくじかれる感じですが、そこから踏み出して庄内川にかかる橋の上に立つと別世界。自然豊かな世界が名古屋駅からわずか30分の乗車で来られるところにあるのに驚きます。庄内川は名古屋の北側を流れていますが、時々洪水を起こす以外にぱっとしたイメージはないのですが、ここまで来ると渓流ですね。

庄内川

庄内川にかかる橋を渡ると、定光寺へ向かう車道もあるのですが、谷沿いに東海自然歩道が通っています。ハイキングですから無論、自然歩道を行きます。沢沿いの道はよく整備されていて、沢も小さなものですが、それなりに山の雰囲気が楽しめます。小さな滝もあります。

定光寺へ向かう東海自然歩道

30分ほど沢沿いに登ると道ばたに野仏が。東海自然歩道はここから右に折れて山の中に入ります。正面は池のある定光寺公園。定光寺は道を左へ進んだ先です。

モミジの紅葉に彩られた石橋を渡ると定光寺への参道。ずっと石段の登りが続きます。両側にはところどころに石仏が並べられています。車の人は定光寺の脇まで直接行くこともできますが、やはり参道を登るのが風情がありますね。

定光寺の参道

ひたすら石段を登り、わりにこじんまりとした山門をくぐると、定光寺の境内。正面には本堂が。本堂はどこか鎌倉時代の寺院を思わせる作りです。定光寺とさほど遠くない虎渓山永保寺は鎌倉時代の創建ですが、定光寺は1336年創建。鎌倉時代が終わり、南北朝時代に入る頃ですね。本堂は重要文化財に指定されています。

定光寺本堂
定光寺本堂

定光寺の境内は、尾張徳川家ゆかりの寺という割には小さいですが、古刹ですから風情はあります。

定光寺本堂
定光寺本堂
定光寺境内のお堂

徳川義直の墓、源敬公廟を見るためには入場料100円が必要です。こちらも重要文化財ですからもちろん見学して来ました。本堂脇の小さな門をくぐると参道が続きその突き当りに廟があります。参道途中にある獅子門も重要文化財。

源敬公廟自体は柵に囲まれていて近づくことはできません。

源敬公廟
源敬公廟

定光寺を出たら、東海自然歩道まで戻り道を進みます。落葉樹が多い気持ちの良い山道が続きます。

定光寺近くの東海自然歩道
定光寺近くの東海自然歩道

道は定光寺自然休養林の中を通り、1時間ほど歩くと森林交流館という施設があります。訪れた時には閉まっていて人気がありませんでした。森林交流館を中心に遊歩道が整備されています。この中の「まなびの径」をたどります。

途中分岐などが沢山ありますが、必ず看板が出ているので、それをたどると1時間半弱で愛知環状鉄道の中水野駅に出ます。この間の山道は、車道が並行しているところもあり、山奥という感じではありませんが、自然が楽しめる整備された気持ちの良いハイキングが楽しめます。

関ケ原古戦場ハイキング

関ケ原と言えば言わずと知れた1600年、関ケ原の合戦の場所。しかし、関ケ原古戦場にあるものと言えば「ここは徳川家康の陣地」「ここは石田三成の陣地」「ここは合戦の場」といった、記念碑だけというイメージでいました。ですから「わざわざ歩きに行くこともないだろう」と思い込んでいました。

ところが、ハイキングの目的地選びの参考にと購入した「日帰りウォーキング 東海 (大人の遠足BOOK)」という本を見てみると、「エコフィールド」とか「東海自然歩道」の文字が。「え?関ケ原って、陣跡の看板を見て歩くだけじゃないのね?」と思い直し、10月12日、紅葉のシーズンにはまだだいぶ早いですが、歩いていても暑さを感じなくなったころに出かけました。

まずはこの日の関ケ原古戦場ハイキングの行程を編集した動画から。

JR関ケ原駅を出たら、駅前の観光案内所でハイキング用のマップを手に入れることができます。数多くのコースが設定されていますが、この日は「日帰りウォーキング東海」に載っていたコースにほぼ沿って歩くことにしました。でもいつか、小早川秀秋が陣をしいた松尾山とかも訪ねてみたいですね。

JRの駅から道をたどり、高架でJRの線路を越えます。その先にあるのはできたばかりの岐阜関ケ原古戦場記念館。この日はオープニング直前で、セレモニーが行われていました。体験型のミュージアムのようなので、また今度来たいですね。

さて、記念館は素通りして、まずはコンビニでお弁当を買います。今日のルート上にはレストランはないのです。日本の田舎は途中食べるところが限られており、調べてから行っても閉まっていることも多く、注意が必要です。ですからこの日はあらかじめ弁当を買い込むことに。

岡山烽火場

まず目指したのは岡山烽火場(のろしば)。合戦の開始を告げた場所ですね。小高いところで、関ケ原駅からも旗が立っているのが見える場所です。ここまでの道は、集落の間を抜けるところも歴史を感じさせますし、竹林の斜面も風情があってお勧めです。

竹林を抜ける

烽火場からは樹林の中、東海自然歩道に沿って進みます。急な上り下りもない、気持ちの良い山道です。やがて到着するのがエコフィールド。農業用のため池がいくつか並んだところを道が通っています。きっと水生生物などが多くいるのでエコフィールドになっているのでしょうね。

エコフィールドへ

関ケ原の合戦決戦地

エコフィールドを抜けると道は平地に下り、国道の下をくぐります。しばらく歩くとコスモスの花畑が見えて来て、その先が決戦地。記念碑が立っているだけです。

コスモス畑と決戦地

笹尾山石田三成陣跡

決戦地の向こう側、山の上に見えるのが石田三成が陣をしいた笹尾山。その登り口には笹尾山交流館という施設があり、鎧兜を借りて身につけることができるとか。ここから笹尾山までは一登りです。笹尾山の頂上からは関ケ原が一望できます。

石田三成陣地笹尾山頂上

さて、笹尾山からさらに東海自然歩道をたどるのですが、どうもどこに道があるのかがわかりません。しばらく探すと、笹尾山頂上にある神社の奥の笹に覆われた中に踏み跡らしきものが。「これかな」と思って進むと、次第にはっきりしてきて、東海自然歩道によくある丸太を横に並べた階段が。間違いないですね。道は集落の中に入っていきます。

集落の中で見かけるのが、自然石のようにしか見えない石が祀られているもの。お地蔵さんが風化したのか、それとも自然石をお地蔵さんに見立てたのか。あるいは関ケ原合戦で亡くなった武士を弔うための墓碑であったのか。正体はわかりません。

自然石を祀る?

このあと、島津義弘陣跡、開戦地、小西行長陣跡、徳川家康最後陣跡、そして東首塚とまわって関ケ原駅に戻りました。この辺りは「記念碑巡り」みたいなものになりますから、ハイキングとしてはあまり面白くないですね。

後日小早川秀秋の陣跡である松尾山へ行った話はこちら

虎渓山永保寺と多治見市内ハイキング

名古屋からは中央線でほど近い、岐阜県多治見市。美濃焼の町として知られていますが、日本一暑い町としても最近有名になりました。暑いのはかないませんから、晩秋に近い、11月12日にハイキングのつもりで訪れました。

ハイキングと言っても、JR中央線多治見駅の周辺は都市です。特に観光地もありませんし、車が行きかう道の歩道をしばらくはひたすら歩きます。最初の目的地は虎渓山永保寺(えいほうじ)。国宝の建物があり、紅葉で有名なお寺です。

多治見駅から永保寺へ向かう途中にあるのが、虎渓窯という美濃焼の窯元。メインの道路から急な坂道を上がった丘の上にあります。看板に導かれて行ってみましたが、しんとしていて誰かいるのかいないのかもわからない状態。そのまま降りてきました。

虎渓窯
虎渓窯

さらに交通量の多い道を進みますが、永保寺に近づくに従い、林が増えてきます。かつてこの辺りは樹林におおわれた丘陵地だったことを伺わせます。色づく木々を愛でながら歩きます。

紅葉
紅葉
紅葉
紅葉

そして見えてきた虎渓山永保寺の石柱。ここまで多治見駅から徒歩30分ほどでしょうか。

虎渓山永保寺石柱
虎渓山永保寺石柱

いよいよ永保寺です。寺院が並んだ道を進んでいくと、目の前に現れるのは古風な寺院と紅葉。これが国宝に指定されている観音堂で、鎌倉時代末期の建物です。

虎渓山永保寺観音堂
虎渓山永保寺観音堂

永保寺庭園の方に入っていくと、そこは別世界。まさに極楽浄土と思うくらい美しい世界が広がっていました。美しい日本庭園、紅葉を映す池、そして古風な寺院。超フォトジェニック。いや、今風に言えば「ばえる」風景が広がっています。

虎渓山永保寺観音堂と紅葉
虎渓山永保寺観音堂と紅葉

庭園周辺の紅葉も、どこをどう切り取ろうか迷うくらい美しいです。永保寺は期待以上!

虎渓山永保寺の紅葉
虎渓山永保寺の紅葉
虎渓山永保寺の紅葉

そしてもう一つの国宝が開山堂。1352年にできたとされています。柵があって近づくことができませんから、紅葉に開山堂を含めた一枚。開山堂は隠れた位置にあるので、うっかりしていると見逃してしまいかねません。

虎渓山永保寺開山堂
虎渓山永保寺開山堂

永保寺を堪能したら、今度は多治見の市街へ向かいます。永保寺の西参道を通って虎渓公園の方に出ようと思ったのですが、西参道がわかりにくい。永保寺の境内には地図もないですし、しばらく迷ってしまいました。

西参道には一定の距離ごとなのか、道ばたに石仏が並んでいます。

永保寺西参道の石仏
永保寺西参道の石仏

虎渓公園はさほど見るべきものもなく、パス。

虎渓公園
虎渓公園

次の目的地はカソリックの修道院です。正式には神言会(しんげんかい)多治見修道院。1930年設立の本格的な修道院で、建物も西欧風。周辺にはブドウ畑もあって、かつてはここでワインも作っていました。今は外部に委託しているとか。礼拝中でなければ聖堂の中も見学できます。

多治見修道院
多治見修道院

修道院の売店では、ワインやクッキーなどを販売しているのですが、行ってみたら誰も人がおらず、購入は諦めました。

さてここからは、だんだんと街歩き。美濃焼のお店やギャラリーが立ち並ぶ本町オリベストリートへ。ここで抹茶茶碗を物色。モダンな建物のギャラリーもあれば、古民家を使ったショップもあり、焼き物に興味がある人なら楽しめます。

本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート

ギャラリー併設のカフェで遅めの昼食を取ったら、多治見駅へと戻ります。その途中に通過するのが、多治見の古い商店街である、ながせ商店街。まるっきり昭和。自分が生まれた昭和の街並みが、文化遺産のように見えてしまうのはちょっと悲しい気もしますが。

多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街

商店街を抜ければ、多治見駅はすぐです。

犬山 継鹿尾観音 寂光院 もみじ寺

犬山市の木曽川沿いの山の中に、もみじ寺として知られる、継鹿尾観音 寂光院があります。秋、紅葉の頃になると沢山あるモミジが一斉に色づき、観光客の数も膨大になる人気スポット。2020年11月17日、平日に出かけましたが、それでもそれなりの人出。

寂光院のある継鹿尾山(つがおさん)は、寂光院から東海自然歩道をたどって登れる山。ハイキングに絶好の場所で、本当の目的はハイキング。寂光院はおまけなのですが、取りあえず有名な場所なのでブログで取り上げておくことにしました。継鹿尾山への登山道と、東海自然歩道ハイキングは別ページで取り上げます。

寂光院の最寄りの駅は、名鉄の犬山遊園駅。ここから徒歩で20分ほどでしょうか。木曽川沿いの道を歩きますが、歩道は幅が細く、場所によっては歩道がないような、あまり歩くのには適さない道です。東海自然歩道を通ればこの車道は避けられますが、遠回りになります。

木曽川の風景そのものもなかなか美しいです。さすが日本ラインと呼ばれるところ。ただ、対岸に新興住宅地が見えたりとか、ちょっと人工物が目に入り過ぎかなあ。

木曽川の風景
木曽川の風景

寂光院入り口は、駐車場を求める車で混雑していますが、徒歩の人はさっさと通り過ぎて、案内に従い、山道のような歩道を通ります。少し登ると寂光院の入り口に着きます。紅葉はそこそこきれい。

寂光院への道
寂光院への道

ここから、かなりの段数がある石段の道をひたすら登ります。この間は、小さなケーブルカーのようなものも設置されていて、体力のない人は利用することができます。

寂光院の石段
寂光院の石段

いい加減疲れたかな、というあたりで、寂光院の本堂などがある場所に着きます。こちらが紅葉の本番。本堂は国指定の有形文化財。この寺には重要文化財や国宝は残念ながらありません。

寂光院本堂

こちらは寂光院の弁天堂。

寂光院弁天堂
寂光院弁天堂

現在残っている建物はここに集中していて、建物自体も大きくはありませんから、すぐに見て回れます。

熱田神宮

熱田神宮は名古屋市中心部からさほど遠くないところにあります。日本武尊の伝説にも出てきますし、ヤマタノオロチから出てきたという草薙剣を祀る、伝説に富んだ神宮です。

この神域は広く、一歩中に入ると名古屋市内にいるとは思えない森。東京の明治神宮の森も有名ですが、熱田神宮の森も名古屋人にとっては憩いの場所と言えるでしょう。

この広い神域・森の中には遊歩道のように整備された部分もあり、散歩するにはうってつけ。

熱田神宮を歩く

熱田神宮の中にはお休み処 清め茶屋という、お茶と和菓子が楽しめるお店もあります。日本庭園に面した居心地の良い場所ですが、もう少し庭園がきれいに眺められたらもっと良い、かな。

お休み処 清め茶屋
お休み処 清め茶屋

実は熱田神宮の神域の中には、小さなお社がいっぱい。そうした森の中の社を尋ねるのもまた一興。それぞれに誰を祀る社かの説明があります。

森の中の社
森の中の社

熱田神宮参拝の仕上げは名物、宮きし麺。敷地内にお店があります。きし麺を食べたことがない方は、いっぺん食べてみてちょ!

宮きし麺
宮きし麺

松尾寺遺跡と松尾寺山ハイキング

以前醒ヶ井宿から醒ヶ井養鱒場まで歩いた時、醒井楼というお店の奥にある松尾寺を尋ねました。そこの御住職から聞いたのが、かつては山の上にあった松尾寺の話。今は遺跡となり、ハイキングコースになっているけど、夏はヒルが出るので冬が良いとのこと。元々遺跡の旅というサイトを持っているほど遺跡が好きな私は、冬が来るのを待っていました。そして「もうそろそろヒルも出ないだろう」と松尾寺遺跡を訪れたのは2020年12月7日。

ちなみにこの松尾寺山は、関ケ原古戦場にある小早川秀秋陣跡の松尾山とはまた別の山です。

松尾寺遺跡に登るには旧参道を通るルートが東と西にあるようです。西の参道は旧中山道の番場宿が起点になるようですが、番場宿には鉄道が通っていません。できる限り公共の交通機関を使いたいと思っているので、醒ヶ井宿から入る東側の参道からたどることにしました。

松尾寺遺跡トレッキングマップ(ダウンロードはこちら)を前回醒ヶ井に行った時に手に入れていたのでこのマップを頼りに歩くことにしました。しかし、この地図結構大雑把で、見どころの位置関係などもいい加減。若干不安になりながらも「昔ながらの参道だから、見どころを見落とすことはあっても、山中で道に迷うことはあるまい」と勝手に考えて出かけました。

醒ヶ井駅から醒ヶ井養鱒場の方に向かって車道を歩き、途中の坂口という集落に入って林道を進み、そこから参道に入ります。坂口の集落には古そうな民家が並んでいます。

坂口集落 松尾寺遺跡参道の入り口
坂口集落 参道の入り口

集落を抜け、林道をしばらく歩くと、左側に参道、と言っても普通の山道のような道が分かれています。案内標識が整備されていますから、迷うことはありません。

参道への入り口。ヒルに注意が嫌な感じ。

山道はいきなり急登が続き、結構しんどいですが、間隔を置いて丁石(ちょうせき)が置かれています。丁は昔の距離の単位で、l丁は約109mとされていますが、ここの丁石の間隔はもうちょっと離れているような気もします。この参道に置かれた丁石は室町時代のものが最も古いそうですが、だいぶ失われています。江戸時代のものは全部残っているそうです。

丁石。これは室町時代のもの。

一丁目から始まり、二丁目、三丁目と続いて、本堂跡は十二丁目にあたります。ずっと急な登りが続きますが、初冬で山道には陽が結構入り、また残った紅葉も美しく、なかなか快適です。汗をかくと冷えるので、落ち葉を踏みしめながら、なるべくゆっくりと登ります。

松尾寺遺跡の紅葉

黄色いのは多分コナラ

登っていくと一番最初に現れるのは一本杉と呼ばれる大杉。根元に石像が置いてありますが、元々あった石仏が杉の成長と共に、根元に飲み込まれていったとか。真偽のほどはわかりませんが、そのおかげでこの木を切るのはタブーになったとか。

松尾寺遺跡の大杉

さらに進むと、今度は右側に六地蔵。ここは実は分かれ道にもなっているのですが、落ち葉が積もっていてわかりにくい。六地蔵は仏教の六道(畜生道とか)に対応して六体あるのだとか。そして通常墓地の入り口などに置かれるとか。そこでこの辺りはかつて松尾寺の墓地があった場所と考えられているそうです。

松尾寺の六地蔵
松尾寺の六地蔵

この辺りには他にも石像があり、その中でも必見は毘沙門天像。岩陰に置かれた毘沙門天は、小さなものですし、道を離れた斜面にあります。しかも、看板も出ていませんから、うっかりしていると見落としそうです。

松尾寺遺跡 毘沙門天像
松尾寺遺跡 毘沙門天像

この辺りまで来ると、道沿いに石垣が出てきます。石垣の上には建物があったのでしょうか。石垣があると、一挙に遺跡ぽくなりますね。

松尾寺遺跡の石垣
松尾寺遺跡の石垣

この辺りまで来ると急登は終わり、なだらかな道になります。しばらく進むと一本橋。どうも俗界と聖域を分ける橋のようです。言われなければ、単なる道に置かれた石ですが。松尾寺遺跡には七不思議と呼ばれるものがありますが、これもその一つ。誰が選んだ七不思議かはわかりませんし、特に不思議でもありませんが。

松尾寺遺跡の一本橋
松尾寺遺跡の一本橋

さらに進むと、寺の伽藍があった地域に到達します。足元には瓦や石、そして石垣があちらこちらに。どこにどのような建物があったのかの案内看板もあります。でもそれより紅葉が美しい。

松尾寺遺跡
松尾寺遺跡

ここから本堂へは石段を登ります。

松尾寺遺跡の石段
松尾寺遺跡の石段

そして本堂跡。礎石が並んでいます。発掘の結果、平安時代くらいからの遺物が出たとか。歴史のある寺ですね。でも、この寺が廃墟、遺跡になったのは昭和に入ってからとのこと。

松尾寺本堂跡
松尾寺本堂跡

こちらは重要文化財の九重石塔。重要文化財と言ってもなかなか訪れる人はないでしょうね。

松尾寺遺跡の九重石塔
松尾寺遺跡の九重石塔

さてこの後は、残りの七不思議を周ろうかと歩き始めます。まずは本堂に近い挟み岩。不心得者は挟まれて動けなくなるとか。要は道が岩の間を通っているだけなんですが。

松尾寺遺跡の挟み岩
挟み岩

役行者の斧割水(よきわりすい)というのは看板は見つけたものの、どこがそれに該当するのかわからず。伝説では昔役行者が斧で岩を割ったところ、そこから水が湧き出し、寺の水場になったとか。

続いて影向石(ようごうせき)に向かいます。影向というのは神仏が姿を現すことで、昔この岩に二体の仏像が飛来したとか。この仏像は現在の松尾寺本堂に安置されていて、秘仏ですから通常は見ることができません。

さて影向石。これがまたわかりにくいところにあります。本堂の右から松尾寺山頂に向かうかすかな道跡をたどると、左側に影向石の案内標識。ところが道らしいものは…目を凝らすと、かすかに踏み跡のようなものが。慣れた人でないとこれが道だとはわからないかも。

この辺りは影向石のほかにも岩が多く、また松尾寺の本堂も岩場に隣接して建てられていますから、きっと古くから磐座として信仰を集めていた場所だったんでしょうね。日本の山岳地帯にある神社仏閣はそのようなところが多いですね。

松尾寺遺跡の影向石
松尾寺遺跡の影向石

続いて向かうのは松尾寺山の山頂とその近くの夫婦杉。山頂までは緩いのぼりが続きます。松尾寺山山頂は樹林の中にありますが、初冬ですから落葉していて気持ちいいですね。樹幹から琵琶湖方面の風景も見ることができます。

松尾寺山の山頂
松尾寺山の山頂

夫婦杉は途中から枝分かれした杉のこと。昔弘法大師が松尾寺に参詣した折に、弁当の箸をこの地にさし、それが杉の木になったとか。ちょっと樹齢を考えると話が合わない…と突っ込んではダメですね。伝説なんですから。

松尾寺山の夫婦杉
松尾寺山の夫婦杉

しばらく山頂を散策したら、次に鐘鋳り塲を目指します。昔、寺の鐘を鋳造した場所とのこと。これまたどう見ても単なる斜面のくぼ地なんですが、ここまで行く道がまたわからない。目を凝らしても分かれ道が分からず、適当に尾根を下ってたどり着きました。くぼ地の中央にある石は亀石と呼ばれているそうですが、言われれば亀に見えます。言われなければ…

松尾寺遺跡の鐘鋳り塲
松尾寺遺跡の鐘鋳り塲

現在の松尾寺に保管される飛んできた仏像(御開帳日以外は非公開)を除くと、これで七不思議は終わり。斜面の道なき道を下っていくと、踏み跡らしきものが見えてきて、六地蔵のところに出ました。登り始めてから3時間くらいの行程でしょうか。あとはひたすら下ります。

行ってみての感想は「紅葉はきれいだし、歴史・文化も面白い。ちょっとした探検気分」でお勧めです。でもこの季節、晩秋から初冬にかけてがお勧めで、暑い時期はヒルも出るし、避けたほうが良いでしょう。