愛知県 西尾市 茶畑と抹茶パフェに出会う

2020年10月29日、名鉄(名古屋鉄道)のキャンペーン切符を利用して、西尾市へ行ってきました。この切符は乗車券にお土産(抹茶飴)の引換券や、西尾市内のカフェで抹茶パフェを食べられるチケットが付いたもの。

西尾という町は、江戸時代には西尾藩6万石として栄え、西尾城もありました。現在でも三河の小京都と呼ばれている…ということになってはいますが、行ってみての感想は「小京都と呼ぶにはかなり無理がある」現実でした。

最近は抹茶の産地として知られるようになり、特にお菓子用などに使われる原料としての抹茶生産が行われているようです。

名鉄西尾駅を降りて、まずは西尾城の方へ向かいます。市街地の道歩きで、歩いていて楽しいことは別にありません。道沿いで見つけたのは、抹茶関連の商品が充実した茶店、抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店。名鉄のチケットはここでも使えますが、歩き始めたばかりなので我慢して先へ。

抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店
抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店

尚古荘

西尾城の手前にあるのが尚古荘という名の日本庭園。ここは西尾城関連の庭園かと思いきや、さにあらず。西尾城東の丸の遺構に作られてい入ますが、作庭は昭和初期。それでも100年近く前ということにはなりますか。

西尾城東の丸の遺構に作られた尚古荘

西尾城跡

尚古荘にほぼ隣接するのが、西尾市歴史公園。まるまる西尾城の跡地です。門や天守閣がありますが、再建されたもの。天守閣の内部まで無料で入ることができます。

西尾城

旧近衛邸

西尾市歴史公園内にあるもう一つの施設が旧近衛邸。京都にあった江戸時代後期の近衛家の邸宅の一部を移築したものだそうです。近衛家というのは、歴史的に関白など朝廷の要職に付いてきた名家ですね。なぜ近衛邸が西尾に来たのかは定かでありませんが。

数寄屋造りの近衛邸
数寄屋造りの近衛邸

近衛邸では、庭に面した縁側で抹茶を頂くことができます。お城も見えてこれはお勧め。

近衛邸で抹茶
近衛邸で抹茶

西尾市歴史公園で見かけた飲料の自動販売機。どうやら製茶組合のようなところが仕掛けているようです。

西尾茶の自動販売機
西尾茶の自動販売機

西尾市歴史公園を出たら、ガンガン歩きます。目指すは西尾市の郊外に広がる茶畑。その辺りに製茶工場や、お茶にまつわる歴史的な場所があるからです。困ったのはランチの場所。どんどん町はずれに向かいますから、食べるところがあまりありません。やっと見つけた中華料理屋さんの味は…ノーコメント。

途中見かけたのが西尾を代表する製茶会社、株式会社あいや。ここは前もって予約しておくと工場見学もできるそうです。後ほどここのカフェに立ち寄りますが取りあえずは通過。

株式会社あいや
株式会社あいや

実相寺

実相寺は1271年、当時この地を支配していた吉良氏の菩提寺として建立。この頃から境内でお茶を育て、お茶がたしなまれていたとか。さほど見るべきものがあるわけではなく、周囲の大きな黒松が印象的でした。

西尾 実相寺
西尾 実相寺

紅樹院

紅樹院は実相寺からあまり離れていないところにある寺院。実相寺からは茶畑の間を通ることになります。西尾らしい雰囲気。

紅樹院は徳川家康の叔母の菩提寺だそうです。が、建物や文化財等見るものはさほどありません。ここで見るのはお茶の木。明治時代になって、紅樹院の住職が宇治からお茶の種子と製法を持ち込んだことによって、現在のお茶の産地である西尾に繋がったそうです。実相寺で育てられていたお茶は…今のお茶とは繋がっていなかったのですね。

紅樹院の茶の木は、その頃宇治から持ち込まれたものの子孫だそうです。紅樹院は文化財というよりは、現在の西尾のお茶の礎となった地、という意味で西尾では大切な場所なんですね。

紅樹院の茶の木
紅樹院の茶の木

あいやで抹茶パフェ

紅樹院を見学したら、来た道を戻り、西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)へ向かいます。ここは株式会社あいやの工場に併設されたカフェです。

頼んだのはこれ。抹茶パフェとお抹茶のセットです。後ろには小さな庭園があって、ちょっと良い雰囲気。おいしゅうございました。本当は、他のカフェでも抹茶パフェを試してみたかったのですが、結構ボリュームがあって、結局ここでしか食べませんでした。

西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ
西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ

茶畑を抜けて

あいや本店の抹茶パフェを堪能した後は、またまたひたすら歩いて西尾の市街地へ向かいます。茶畑の中を抜けるルートを選んでみました。

西尾の茶畑

ここが三河の小京都?

西尾市内は、ところどころに古い街並みや、小さなお寺が残ってはいるのですが、「小京都」と呼べるようなまとまりはないのではないでしょうか。

そうした中で唯一雰囲気が良かった道がここ。両側に寺院があり、石垣や塀が細い道を挟んで続いています。

三河の小京都

ここ以外はいくつかお寺の境内にも入ってみましたが、見るべきものもなく、かつては花街だったのかなあ、と思える路地を通って西尾駅へ。観光案内所で抹茶カリントウを購入して帰途に着きました。

久しぶりの半田ブリオ

長男が中学生になったせいでお出かけが減ってしまった我が家。今日はあまり遠くないところで知多に向かいます。途中お昼を食べたのが半田市のブリオ。

半田ブリオ

食べ放題といっても、以前はおかわりできませんでした。でも子ども達が大きくなってきて、二皿おかわり。 ブリオのポークはいつ食べてもおいしいです。

水原(スウォン)のイタリア料理店

ソウルから水原(スウォン)へは地下鉄を乗り継いで行きました。水原まで行く電車がどれかわからず、戸惑いましたが、身振り手振りと「スウォン?」という聞き方で「OK!OK!」と言われたので良しとして乗っていました。

ソウルの地下鉄網はよく発達していて、近郊の鉄道にも乗り入れていて便利です。切符の販売機では日本語表示もあります。乗車チケットはほとんど磁気カード式になっていて、タッチするだけ。一回だけ使用するチケットは、改札口を出たところにある機械に入れると、デポジットの500ウォンが返却されます。

スウォンは思ったよりも大きな町でびっくり。ひなびた遺跡のあるだけのところかと思っていましたから。地下鉄駅のロッカーに荷物を入れようと3000ウォンを投入するも、うん?鍵がかからない!返金もできない!というわけで、3000ウォンとられてしまいました。荷物は別のロッカーに入れることができましたが。

まずは駅前のレストランで腹ごしらえ。韓国料理が得手ではない末娘も大丈夫なイタリアン。パンの中に入っているスパゲティ!

韓国のイタリアン

こちらはピザですが、これも一工夫してあります。ちょっと高めのお値段ですが、満足。

夕食は蟹など

夕食は、蟹料理が食べたいということで、宿にほど近いレストランへ。「楽天トラベルお勧め」というような看板も出ていましたから、日本人観光客も良く来るお店なのでしょう。メニューが豊富なのが子連れにはありがたいです。

途中ソウル・タワー方面の夜景がきれい。

ソウル・タワー

これがお店の正面。なかなかきれいです。

韓国料理店

付け合わせには生ガキ(右手前)も出ています。カクテキもなかなかうまいものでした。

生ガキとカクテキ

これが本日のカニ料理。蟹の塩辛のようなもの。そのまま吸いつくように食べます。日本的なカニ料理をイメージしていたら、全く違いました。

韓国のカニ料理

子どもたちにはもちろん焼肉。

そして今回の旅行で初めて食べた石焼ビビンバ。

石焼ビビンバ

そしてデザートは韓国風甘酒…のようなもの。名前は忘れました。次男がとても気に入りました。

韓国風甘酒

ソウル広蔵市場

昌徳宮を見た後は、徒歩で広蔵市場へ向かいます。地図上ではさほどの距離に感じられませんでしたが、歩いてみたら意外に遠い。20分以上はかかったでしょうか。

宗廟の前の広場では囲碁に興じる人たちの姿が。

宗廟の前で囲碁に興じる男性たち

ここが広蔵市場の入り口。

広蔵市場

こちら側から入ると衣類の売り場があります。お目当ての食料品街は奥。

広蔵市場

広蔵市場

広蔵市場

これは韓国風のお好み焼き。焼くのかと思っていたら、揚げていますね。

広蔵市場

そして、この辺りで食したビビンバ。野菜たっぷりでさっぱり、おいしかったです。

ビビンバ

こちらはキムチ売り場。

キムチ売り場

怪しげな虫も。右側のものも何でしょうか?

虫を売っています

生地屋さんは色鮮やか。

生地屋
次男にはかばんを買いました。

広蔵市場

韓国ソウルで焼肉(カルビ)を食す

2泊3日の韓国旅行ですから、夕食は2回だけ。と言うことで1日目の夕食は子どもたちの大好きな焼肉を食べに。地球の歩き方ソウルで見つけた「テバクスップルカルビ」という店へ行こうと歩き始めましたが、結構遠い。3歳の末娘は途中ダウンで寝てしまうし。

途中韓国の屋台街などを通るので、歩いていて飽きることはありませんが、まあ、子連れで歩き回る町ではないかもしれませんね。

韓国ソウルの屋台

韓国ソウルの屋台

屋台を眺めていると「ここでもいいんじゃない?」という気になりますが、男の子たちは「焼肉!」はいはい、歩きましょう。

地図と頼りに「テバクスップルカルビ」を探し、路地裏へ。何だかやけに流行っていて行列ができている店の隣、誰も入っていない小さなお店が「テバクスップルカルビ」でした。地球の歩き方に取り上げられているだけあって、日本語で「いらっしゃいませ」の表示が。でもメニューは韓国語だけですが…

韓国ソウルの焼き肉店テバクスップルカルビ

早速頼んだカルビ。え?でもアメリカ牛なの?韓国牛はないとか。うーむ。

カルビ

でも味の方はバッチリです。そろそろ焼けてきたぞー!

カルビ

テバクスップルカルビのオモニ

人の良さそうなオモニが世話を焼いてくれます。

付け合わせはキムチ2種。

キムチ

韓国風の茶碗蒸し(ケランチム 계란찜というらしい)。

韓国風茶碗蒸し ケランチム 계란찜

韓国風水餃子。

韓国風水餃子

そして韓国風の味噌汁?まあチゲの一種なんでしょうけど、本当に、ちょっと韓国風味の味噌汁といった印象。

韓国風味噌汁 チゲ

一緒に頼んだのはマッコリ。ペットボトルに入ったお手軽なもの。

マッコリ

そして冷麺。麺が緑色なのは桑の葉が練り込んであるからとか。さっぱりした味でこれはなかなかうまい。

韓国式冷麺

帰りにはデザート用にミカンを買って来ました。

ソウルの果物屋さん

現代の美術館とアザブ・カフェ

景福宮を後に、宿の方へ向かって歩いて行くと道端に現代美術を扱う美術館が並ぶ一角が。その中で目を引いたのがこの展示。

現代未術館

ここはどうやら、現代グループが所有するギャラリーの様子。この時の展示は、機械仕掛けで動く面白いもの。中は撮影禁止だったので写真はありませんが、生き物っぽい機械が複雑な動きを見せるのは非常に面白い!日本でやってもうけるでしょうね。

次は甘いものを食べようと、道沿いにあったアザブ・カフェというお店に。ここは日本の系列?韓国にもタイ焼き風のものはありますが、フナ焼き(プゴパン・붕어빵)だそうですが、ここのはタイ焼き。

アザブ・カフェ

ご覧のように超オシャレです。タイ焼きにはアンコの他にカスタードクリームなど、数種類のバラエティが。

ソウルのアザブ・カフェでタイ焼きを食べる

そして帰り道に見つけたのが餃子屋?さん。

韓国ソウルの餃子屋さん

蒸し餃子を作る蒸気にびっくり!

韓国ソウルの餃子屋さん

台北の鼎泰豊で小籠包を食す

台北の鼎泰豊で小籠包

今日は飛行機乗り継ぎのため台北で一泊。台風の接近でフライトがキャンセルになったらどうしようと思っていたけど、無事到着。心配なのは明日のフライト。

それはともかく、台北の鼎泰豊という超有名なお店で小籠包を頂きました。入り口で注文だけ済ませ、番号を呼ばれるのを待つこと約30分。

普通の小籠包とエビの小籠包を頼んだけど、どちらも上品な味で確かにうまい。子どもたちも大喜びで、一皿追加してしまいました。

実際にはこのお店、小籠包の専門店というわけではなく、中華料理店なので、他のメニューもいつか試してみたいですねえ。

台北の写真はこちらにもあります。

長浜の洋食店ばがぼんど

黒壁美術館から出てさて、お昼にしようと近くのレストランを覗きましたがどこも満席。仕方なく、車で移動しようかと、車を停めてある駅の駐車場へ戻りかけた裏通りの小さな洋食屋さん。ふと、「チキンカツ」という文字が目にとまりました。我が家の子どもたちの大好物です。

長浜の洋食屋ばがぼんど

目立たない入り口だけど、マネキネコが目印。さっそく覗いてみると、こじんまりしているし、子ども連れでも気楽に入れそう。名前は「ばがぼんど」といいます。ばがぼんど自体はWEBサイトを持っていないそうです。

通されたのは、これまた古い作りの家の中の通路を通り抜けた向こうの離れのような場所。独立していてとても静か。

長浜の洋食屋ばがぼんど

さてメニューを見ると、チキンカツ1000円やじゃがいもだけのコロッケ800円などなど。値段はお手ごろ。しかも、「じゃあ、チキンカツを…」と言うと、「一人一皿は多すぎます!」とのこと。一人分が大きめの鶏のもも肉一枚分だそうです。そこでチキンカツを二つとコロッケ一つを注文。

まず出されたのは冷たいお茶と、冷たいスープ。注文は3皿ですが、ちゃんとスープは5つ出して貰えます。器は高いものではないですが、とても和レトロ。

長浜の洋食屋ばがぼんど

次に出てきたのは、小鮎の煮物やキュウリのあえ物などなど。え?この値段でこんなものまで付いているの?という感じ。取り皿もレトロです。

長浜の洋食屋ばがぼんど

そして来ました、チキンカツ。自家製のソースがたっぷりかかっています。残念なことに、我が家の長男はこの手のソースが苦手だったのですが…それにしても半端じゃないボリューム。付け合わせのスパゲティが昔風の洋食屋さんらしいです。ちなみに末娘はこの手のスパゲティが大好き。

長浜の洋食屋ばがぼんど

5人で食べて4千円以下と、こちらがお礼を言いたくなるような値段で満足でした。

次男がうっかり「他にお客さんがいなくて良かったね」と口にしてしまったら、お店の方は「そうなんですよ。うちはいつもお客さんがいなくて…」と。ブログでの宣伝を約束しました。皆さん、長浜にお立ち寄りの際はばがぼんどをご利用ください。ばがぼんどの情報はこちらのWEBサイトに掲載されています。地図もあります。

板取の四季の森

岐阜県関市板取には何度も来ていますが、今回はまたまた新しい場所を発見。バーベキュー・レストラン四季の森です。川沿いに屋根の付いたバーベキュー場が並んでいるほか、ここでセットになった肉や野菜を頼むこともできます。

標準セットはチキン、ポーク、ビーフにやサイト焼きそばが付いて一人前2千円。バーベキュー場の炭などは値段に入っています。その他には北海道直送のラム、なんていものもの用意されています。我が家は大人二人、子ども3人で、標準セット3人前でちょうどでした。

肉や野菜を持ち込むと、小学生以上は一人当たり千円の料金がかかりますから、ここで食材を頼んでしまった方が安いかも。

四季の森

もう一つここの売りはジェラート。北海道岩瀬牧場直送のジェラート、一個300円と書いてありますが、我が家が頼んだ時には150円でした。小150円という意味だったのかな?よくわかりませんが、150円にしては十分な量と味!でした。

ジェラートを買うだけに立ち寄っても良いかも。場所は板取の岩本地区の集落から板取川を渡って反対側を上流へ向かったところ。バーベキューをするなら予約をしていく方が安全。電話番号は0581-57-6722です。

[mappress mapid=”5″]