虎渓山永保寺と多治見市内ハイキング

名古屋からは中央線でほど近い、岐阜県多治見市。美濃焼の町として知られていますが、日本一暑い町としても最近有名になりました。暑いのはかないませんから、晩秋に近い、11月12日にハイキングのつもりで訪れました。

ハイキングと言っても、JR中央線多治見駅の周辺は都市です。特に観光地もありませんし、車が行きかう道の歩道をしばらくはひたすら歩きます。最初の目的地は虎渓山永保寺(えいほうじ)。国宝の建物があり、紅葉で有名なお寺です。

多治見駅から永保寺へ向かう途中にあるのが、虎渓窯という美濃焼の窯元。メインの道路から急な坂道を上がった丘の上にあります。看板に導かれて行ってみましたが、しんとしていて誰かいるのかいないのかもわからない状態。そのまま降りてきました。

虎渓窯
虎渓窯

さらに交通量の多い道を進みますが、永保寺に近づくに従い、林が増えてきます。かつてこの辺りは樹林におおわれた丘陵地だったことを伺わせます。色づく木々を愛でながら歩きます。

紅葉
紅葉
紅葉
紅葉

そして見えてきた虎渓山永保寺の石柱。ここまで多治見駅から徒歩30分ほどでしょうか。

虎渓山永保寺石柱
虎渓山永保寺石柱

いよいよ永保寺です。寺院が並んだ道を進んでいくと、目の前に現れるのは古風な寺院と紅葉。これが国宝に指定されている観音堂で、鎌倉時代末期の建物です。

虎渓山永保寺観音堂
虎渓山永保寺観音堂

永保寺庭園の方に入っていくと、そこは別世界。まさに極楽浄土と思うくらい美しい世界が広がっていました。美しい日本庭園、紅葉を映す池、そして古風な寺院。超フォトジェニック。いや、今風に言えば「ばえる」風景が広がっています。

虎渓山永保寺観音堂と紅葉
虎渓山永保寺観音堂と紅葉

庭園周辺の紅葉も、どこをどう切り取ろうか迷うくらい美しいです。永保寺は期待以上!

虎渓山永保寺の紅葉
虎渓山永保寺の紅葉
虎渓山永保寺の紅葉

そしてもう一つの国宝が開山堂。1352年にできたとされています。柵があって近づくことができませんから、紅葉に開山堂を含めた一枚。開山堂は隠れた位置にあるので、うっかりしていると見逃してしまいかねません。

虎渓山永保寺開山堂
虎渓山永保寺開山堂

永保寺を堪能したら、今度は多治見の市街へ向かいます。永保寺の西参道を通って虎渓公園の方に出ようと思ったのですが、西参道がわかりにくい。永保寺の境内には地図もないですし、しばらく迷ってしまいました。

西参道には一定の距離ごとなのか、道ばたに石仏が並んでいます。

永保寺西参道の石仏
永保寺西参道の石仏

虎渓公園はさほど見るべきものもなく、パス。

虎渓公園
虎渓公園

次の目的地はカソリックの修道院です。正式には神言会(しんげんかい)多治見修道院。1930年設立の本格的な修道院で、建物も西欧風。周辺にはブドウ畑もあって、かつてはここでワインも作っていました。今は外部に委託しているとか。礼拝中でなければ聖堂の中も見学できます。

多治見修道院
多治見修道院

修道院の売店では、ワインやクッキーなどを販売しているのですが、行ってみたら誰も人がおらず、購入は諦めました。

さてここからは、だんだんと街歩き。美濃焼のお店やギャラリーが立ち並ぶ本町オリベストリートへ。ここで抹茶茶碗を物色。モダンな建物のギャラリーもあれば、古民家を使ったショップもあり、焼き物に興味がある人なら楽しめます。

本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート

ギャラリー併設のカフェで遅めの昼食を取ったら、多治見駅へと戻ります。その途中に通過するのが、多治見の古い商店街である、ながせ商店街。まるっきり昭和。自分が生まれた昭和の街並みが、文化遺産のように見えてしまうのはちょっと悲しい気もしますが。

多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街

商店街を抜ければ、多治見駅はすぐです。

ソウル広蔵市場

昌徳宮を見た後は、徒歩で広蔵市場へ向かいます。地図上ではさほどの距離に感じられませんでしたが、歩いてみたら意外に遠い。20分以上はかかったでしょうか。

宗廟の前の広場では囲碁に興じる人たちの姿が。

宗廟の前で囲碁に興じる男性たち

ここが広蔵市場の入り口。

広蔵市場

こちら側から入ると衣類の売り場があります。お目当ての食料品街は奥。

広蔵市場

広蔵市場

広蔵市場

これは韓国風のお好み焼き。焼くのかと思っていたら、揚げていますね。

広蔵市場

そして、この辺りで食したビビンバ。野菜たっぷりでさっぱり、おいしかったです。

ビビンバ

こちらはキムチ売り場。

キムチ売り場

怪しげな虫も。右側のものも何でしょうか?

虫を売っています

生地屋さんは色鮮やか。

生地屋
次男にはかばんを買いました。

広蔵市場

台北 士林の夜市(ナイトマーケット)

台北で宿をとったのは星美飯店(スターズ ビューティー ホテル)。士林という地域にあります。ここは、夜市(ナイトマーケット)で有名。それでもホテルからは歩いて10分から15分くらいはかかりましたが。

士林の夜市

どこへ行ったら良いのか良くわかりませんでしたが、近づいて行くと人が増えて来るのでそちらの方へ。まず入り込んだのはにぎやかな商店街。

士林の夜市

洋品店などが多い地域の中に、鶏肉製品を売るお店が。

士林のお寺

士林の中にあったお寺。

士林の屋台

屋台を物色中。でも子どもたちが目を付けるのはフライドチキンとか、そんなものばかり。

士林のお店

ここで鶏の焼いたものを買い、食べ歩き。食べ歩きをしている人が多い割に、ゴミが落ちていないと思ったら、ところどころにちゃんとゴミ箱が置かれていました。

安食堂で夕食

お値打ちな食堂(見ればわかりますね)に入って夕食。チャーハンがうまい。麺は種類によって酸味が付けられていて子どもたちは苦手。なれないところで緊張気味の末娘はマンゴージュースとライチージュースを飲んでお腹がいっぱいに。

珍珠(黒い粒々のタピオカ)紅茶

デザート代わりはアジアらしくタピオカ。台湾では黒い粒々のタピオカを珍珠と呼ぶようです。入っているのはミルクティー。とにかくお茶屋さんもよく見かけます。屋台にカップに薄いビニールで蓋をする機械が用意されていて、太いストローを突き刺していただきます。

エスプラネードでカエルの壁掛けを買う

毎週土曜日になると、ケアンズの海岸近くの公園でマーケットが開かれるようです。今日は子どもたちを連れてお気に入りの公園へ行った帰りに覗いてみました。

そこで見つけた、気に入ったのが、手作りの動物の置物や壁掛けを売るお店。作品を作ったアーチストさん自身がその場で売っています。これ見てください。とてもキュートでかわいいでしょ?日本に輸入して売ろうかな、と思ってしまいました。

ケアンズのマーケット

ちなみに僕が購入したのは、壁にかかっている足の細いカエル。同じモチーフのカエルがいくつかありましたが、手作りなので微妙に異なり、目玉の感じが一番気に入ったものを買いました。

ついでにこの人の作品をもう1枚。

ケアンズのマーケット

買っていない商品のディテールはアップしません。アート作品の細部を見せるのはマナー違反でしょうから。

アーティストは Fiona Rainbird さんといいますがブログを拝見すると、どうやらキュランダで活動している様子。ケアンズには多分常設のお店はないんですね。

ちなみにこの日は公園の中の海に面したカフェでランチ。フィッシュ&チップスにカラマリ(イカ)フライ。家族みんなで2皿で十分。もちろん、オーストラリアのアイスコーヒー(正確には Iced Coffee)も頂きました。こちらも二人で一杯だけど。

ケアンズでランチ

楽しそうでしょ?でも、仕事はメールでオーストラリアまで追いかけて来るのじゃあ!逆に言えば暑い日本にいなくてもできる仕事もあるということ。学生のレポートの採点とかならどこにいてもできる。通信環境さえ整えれば、カフェに座ってもできるはず。

青森 八戸 八食センター

海から離れてそろそろお昼時。そこで案内してもらったのが八戸市内にある八食という大規模な施設。ここはどうやら漁業組合か何かが運営する施設のようで、新鮮な魚介類などを売っています。ちょっと観光客向けという気もしますが、それでもさすがに漁港八戸。売っているものは新鮮ですし、全国に宅配で送ることもできます。

八食
ここで面白いのは、中の休憩所で七輪を借りて(有料)、市場で買った魚介類や肉、野菜を焼いて食べられること。おにぎりや、八戸名物のせんべい汁も売っています。

早速買ったホタテを焼きましたが、これはうまかった。まずホタテのサイズがでかい。あまり他では売っていないサイズです。肉の厚さが2センチはあるでしょうか。

七輪
他にも新鮮なイカやイワシを焼いていただきました。でもイカは新鮮ですから刺身の方がうまかったですね。

豊浜さかな広場 豊浜漁港

海に囲まれた南知多ですが、魚介類を買い込めるようなお店はあまり目にしません。その中で定番なのが豊浜漁港の豊浜魚ひろば。おいてあるのは必ずしも地物の魚介類だけではありませんが、地物であればかなりお買い得感がある値段で売られています。アジの干物とか買いに来たおばさんたちが「安いわねえ」と声を上げていました。

豊浜さかな広場

豊浜さかな広場は駐車場もたっぷり、大型観光バスも停まれるくらいのところですから、ぱっと乗り付けても大丈夫。

豊浜さかな広場

内部はこんな感じでにぎわっています。うろうろ歩くだけで楽しい感じですね。さすがにエビフリャーの土地柄だけあって、天然の良い海老が手ごろな値段で売られています。

ちなみに写真が傾いているのは4歳の息子の撮影によるものだからです。

我が家は海老とアサリ、のりの佃煮などを仕入れました。豊浜さかな広場の記事はこちらにまとめて行きます。

新宿小田急百貨店

新宿の小田急百貨店に行ってきました。それが家族旅行なの?という突込みがきそうですが、まあ旅行とは言えませんね。新宿に買い物に来たついで、ではあるのですが、子連れだと子どもが飽きてしまって大変。ここに子どもを少しの間遊ばせることができる施設があるのです。

場所は何階だったかおもちゃや子ども用品を売っている階。一部が屋上になっていて、遊具がおいてあります。

新宿小田急百貨店
脇にはカフェもあり、ジュースを飲んだり軽食を取ったりもできます。ただ屋根がありませんから雨の日は駄目。

敦賀 気比神宮

気比神宮

福井インターで北陸自動車道に入り、訪れたのが敦賀。まず向かったのが気比神宮。まあ何がある、というわけではないのですが、大鳥居が国の重要文化財。松尾芭蕉も立ち寄ったという由緒あるお宮です。

気比海岸

続いて気比海岸へ。松林を抜けるとそこはなだらかな弧を描く石の浜でした。ここでも子どもたちは水遊びに夢中。

日本海さかな市場

そして敦賀に立ち寄った目的の日本海さかな市場。市場らしい賑わいに、お店の人とのやり取りは面白いのですが、ここはお勧めできません。売っているものが観光客向け。値段も観光客向け。本当に良い魚を買いたい人は他をあたるほうが良いでしょう。

一色海岸の潮干狩り

一色海岸の潮干狩り

朝露天風呂で一風呂浴びてから朝食。朝食は部屋食ではなく、レストランで取りますが、個室になっているので子ども連れには楽でした。

最初はホテルの周辺の幡豆の海岸で潮干狩りをしようかと思っていました。でも宿のフロントで聞いてみると、後で行く予定の一色さかな広場周辺にも潮干狩りができるところは多く、また宿の近くの浜よりアサリの粒も良い、ということだったので、とりあえず一色の方に向かうことにしました。

途中カーナビにしたがって行ったら、防波堤上の道路が通行止めだった、なんていうこともありましたが、30分足らずで目的地に到着。本当にカーナビは楽チンです。

目的に周辺でもそのまま潮干狩りができることがわかり、早速車を停めて準備です。周りの人たちを見ると、長靴を履いたりして重装備。僕らは小さな子ども連れでサンダル履き。「あれ?!ここはあんな格好をしないと取れないのか?」と思いましたが、杞憂でした。

入漁料は大人が一人千円。一人当たりアサリを5キロまで取れます。子どもは無料ですが、アサリの袋はもらえません。

早速潮が引き始めた海に下ります。最初は冷たく感じた水も、日が高くなり、また慣れるにつれてサンダルでも苦にならなくなります。海岸に近い方では小粒のものしか取れませんでしたが、徐々に外に行くに連れ、大粒のものも出てくるようになりました。

一色で潮干狩り

ところが、1歳の次男がお昼近くなるとお昼寝の時間に突入。海の上でママに抱っこされて寝てしまいました。ママはバケツをひっくり返して椅子にし、それでも片手を使って砂をかきます。長男は砂浜の生物たちに夢中で、戦力外。

結局お昼ごろに子どもたちが飽きてきて終わりにしましたが、一人5キロには到底届かず。それでも一色さかな広場だとアサリを1キロ千円で売っていましたから、買うよりはずいぶんと安く手に入れたことになります。

さて、お昼ご飯は近くの一色さかな広場の中の和風レストラン海鮮庵で。ちょっとした定食が千円以上と、はっきり言って値段は高め。「こりゃ観光地のぼったくりメニューじゃないのか?!」と疑いつつも食べてみると…「こりゃうまい!」。

海鮮庵

煮魚定食にはキンメダイが一匹入っていて煮方も甘すぎず、上手。僕は煮魚はあまり得てではないのですが、これは食べられました。アナゴのてんぷらも、大きな身が二つで揚げ方も、たれも上手。ちょっと高いけど、損した気分にはなりませんでした。おまけに会計のときにレジで長男におもちゃまでくれました。こういうサービスはポイント高いですね。

続いて一色さかな広場でお買い物。ジジババ情報だと、新鮮な魚介類があふれる市場を想像してきたのですがさにあらず。もちろん新鮮な魚を売っている店も入っているのですが、乾物屋あり、お菓子屋あり、果物屋あり、のいわば商店街でした。

一色さかな広場

魚も結構他の地方や輸入物があります。地場の獲れたての魚は、どうやら朝市に多く出てくるようで、お店としては2軒ほどでしか扱っていませんでした。

その中で、刺身用のクロダイと、酢でしめたコノシロ(コハダ)を選び帰路に着きました。ちなみにクロダイはあたりでしたが、大き目のコノシロは、小骨があって、味は良いのですがあまり食べやすくありませんでした。でも一晩酢につけ、翌日食べたら骨も柔らかくなりおいしくいただけました。多分こうして食べるものなのでしょう。

それよりも何よりも、やっぱりうまかったのはアサリです。酒蒸しにしてよし、味噌汁にしてよし、子どもたちも大喜び。1歳の次男がカタコトに「カイ カイ」と言ってむさむさ食べています。3歳の長男は汁までご飯にかけて食べています。さすがおいしいと評判の三河のアサリです。