愛知県 西尾市 茶畑と抹茶パフェに出会う

2020年10月29日、名鉄(名古屋鉄道)のキャンペーン切符を利用して、西尾市へ行ってきました。この切符は乗車券にお土産(抹茶飴)の引換券や、西尾市内のカフェで抹茶パフェを食べられるチケットが付いたもの。

西尾という町は、江戸時代には西尾藩6万石として栄え、西尾城もありました。現在でも三河の小京都と呼ばれている…ということになってはいますが、行ってみての感想は「小京都と呼ぶにはかなり無理がある」現実でした。

最近は抹茶の産地として知られるようになり、特にお菓子用などに使われる原料としての抹茶生産が行われているようです。

名鉄西尾駅を降りて、まずは西尾城の方へ向かいます。市街地の道歩きで、歩いていて楽しいことは別にありません。道沿いで見つけたのは、抹茶関連の商品が充実した茶店、抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店。名鉄のチケットはここでも使えますが、歩き始めたばかりなので我慢して先へ。

抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店
抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店

尚古荘

西尾城の手前にあるのが尚古荘という名の日本庭園。ここは西尾城関連の庭園かと思いきや、さにあらず。西尾城東の丸の遺構に作られてい入ますが、作庭は昭和初期。それでも100年近く前ということにはなりますか。

西尾城東の丸の遺構に作られた尚古荘

西尾城跡

尚古荘にほぼ隣接するのが、西尾市歴史公園。まるまる西尾城の跡地です。門や天守閣がありますが、再建されたもの。天守閣の内部まで無料で入ることができます。

西尾城

旧近衛邸

西尾市歴史公園内にあるもう一つの施設が旧近衛邸。京都にあった江戸時代後期の近衛家の邸宅の一部を移築したものだそうです。近衛家というのは、歴史的に関白など朝廷の要職に付いてきた名家ですね。なぜ近衛邸が西尾に来たのかは定かでありませんが。

数寄屋造りの近衛邸
数寄屋造りの近衛邸

近衛邸では、庭に面した縁側で抹茶を頂くことができます。お城も見えてこれはお勧め。

近衛邸で抹茶
近衛邸で抹茶

西尾市歴史公園で見かけた飲料の自動販売機。どうやら製茶組合のようなところが仕掛けているようです。

西尾茶の自動販売機
西尾茶の自動販売機

西尾市歴史公園を出たら、ガンガン歩きます。目指すは西尾市の郊外に広がる茶畑。その辺りに製茶工場や、お茶にまつわる歴史的な場所があるからです。困ったのはランチの場所。どんどん町はずれに向かいますから、食べるところがあまりありません。やっと見つけた中華料理屋さんの味は…ノーコメント。

途中見かけたのが西尾を代表する製茶会社、株式会社あいや。ここは前もって予約しておくと工場見学もできるそうです。後ほどここのカフェに立ち寄りますが取りあえずは通過。

株式会社あいや
株式会社あいや

実相寺

実相寺は1271年、当時この地を支配していた吉良氏の菩提寺として建立。この頃から境内でお茶を育て、お茶がたしなまれていたとか。さほど見るべきものがあるわけではなく、周囲の大きな黒松が印象的でした。

西尾 実相寺
西尾 実相寺

紅樹院

紅樹院は実相寺からあまり離れていないところにある寺院。実相寺からは茶畑の間を通ることになります。西尾らしい雰囲気。

紅樹院は徳川家康の叔母の菩提寺だそうです。が、建物や文化財等見るものはさほどありません。ここで見るのはお茶の木。明治時代になって、紅樹院の住職が宇治からお茶の種子と製法を持ち込んだことによって、現在のお茶の産地である西尾に繋がったそうです。実相寺で育てられていたお茶は…今のお茶とは繋がっていなかったのですね。

紅樹院の茶の木は、その頃宇治から持ち込まれたものの子孫だそうです。紅樹院は文化財というよりは、現在の西尾のお茶の礎となった地、という意味で西尾では大切な場所なんですね。

紅樹院の茶の木
紅樹院の茶の木

あいやで抹茶パフェ

紅樹院を見学したら、来た道を戻り、西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)へ向かいます。ここは株式会社あいやの工場に併設されたカフェです。

頼んだのはこれ。抹茶パフェとお抹茶のセットです。後ろには小さな庭園があって、ちょっと良い雰囲気。おいしゅうございました。本当は、他のカフェでも抹茶パフェを試してみたかったのですが、結構ボリュームがあって、結局ここでしか食べませんでした。

西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ
西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ

茶畑を抜けて

あいや本店の抹茶パフェを堪能した後は、またまたひたすら歩いて西尾の市街地へ向かいます。茶畑の中を抜けるルートを選んでみました。

西尾の茶畑

ここが三河の小京都?

西尾市内は、ところどころに古い街並みや、小さなお寺が残ってはいるのですが、「小京都」と呼べるようなまとまりはないのではないでしょうか。

そうした中で唯一雰囲気が良かった道がここ。両側に寺院があり、石垣や塀が細い道を挟んで続いています。

三河の小京都

ここ以外はいくつかお寺の境内にも入ってみましたが、見るべきものもなく、かつては花街だったのかなあ、と思える路地を通って西尾駅へ。観光案内所で抹茶カリントウを購入して帰途に着きました。

岐阜市畜産センター

岐阜市畜産センターは、岐阜市の農林振興部が運営する施設です。岐阜市と言っても長良川の北、山間の谷に広がる施設で、その名の通りウシやブタなどの家畜が飼育されている他、広い芝生の広場や、簡単なアスレチックなどもあります。

尾張一宮からのルートは、先日岐阜公園へ向かったのと金華山の下のトンネルをくぐるまでは同じ。その後橋で長良川を渡り、山間の道を進みます。子どものころに一度来たことがあったのですが、その時とは新しい道もできていて、どのルートを通ってよいのか良くわからなかったのですが、さすがカーナビ。「こんなとこを通るの?」と思うような裏道を抜けて、しっかりと目的地まで連れて行ってくれました。

子どもたちは動物好きですから、とりあえず畜舎へ。まず出会ったのは豚さん。

pig.JPG

大きな母ブタに子豚がたくさん。二重の柵で動物にはほとんど近づけないところが多いのですが、ここだけはなぜか、すぐ近くまで寄ることができます。子どもたちはこわごわぎりぎりまで近づいて豚さんにご挨拶。

その後はウシ、ウマなどを見ましたが、ご覧のような二重の柵が作られています。

実は昔来たときには、このあたりでばあちゃん(今回は不参加)がロバにかまれたのでした。ひょっとしたらそんなことが続いたのでしょうか。

腹ペコボーイズがわめき始めたので木陰でお弁当。気持ちの良い日です。

午後はアスレチック風の遊園地へ。あまり大きな遊具はなく、逆に小さな子どもにはちょうど良いかと思います。

(この記事は2005年5月29日に投稿したものです。)

トヨタ会館・トヨタ工場見学

2007年12月27日。トヨタの工場見学に出かけました。あらかじめWEBで申し込んで予約が必要です。集合場所はトヨタ会館。トヨタの広報施設で、トヨタの新車やトヨタ車のメカニズムの展示のほか、トヨタのロボットのショーもあります。下の写真はレクサスです。かなりの数の車に、なかなかきれいなお姉さんが一人ずつ解説についている、という贅沢振り。写真の女性はトヨタのお姉さんではなく、妻ですが。

トヨタ会館

工場見学はトヨタ会館から、専用のバスに乗って出かけます。日本語ツアーと英語ツアーがあるのもまた凄いです。

訪れるのはトヨタの堤工場。プリウスなどを作っています。工場内は撮影禁止のため、写真はありません。

凄かったのはなんと言っても溶接ロボットですね。テレビで見たことはありましたが、ぎっしりと並んだ溶接ロボットが、ラインの動きに合わせて、一斉に火花を散らす様は壮観で、見学者からは「おおおお!」という歓声が上がりました。

トヨタの工場、一見の価値ありです。

愛知トヨタ

まずこの写真をご覧ください。

愛知トヨタ

子どもの遊び場が写っていますが、さてここはどこでしょうか。無料で子どもを遊ばせることができて、飲み物までもらえて、さらにイベントがあるとお菓子や景品までもらえてしまいます。

ここは愛知トヨタのお店の中です。新車を売っているメーカー系列の自動車販売会社は、ファミリー層を引き寄せるためか、その多くが子どもを遊ばせておくことができるスペースを設けています。遊園地ほどとは行きませんが、1時間程度子どもたちを遊ばせておくにはばっちり。

うちはトヨタ社を購入したこともあり、イベントやセールがあると、案内ハガキが来ます。土日に行われることが多いですが、そんな時は子どもたちも幼稚園や保育園が休みで家にいて少々もてあまし気味。それならちょっと出かけて子どもたちを遊ばせるのも良い手段。

えびせんべいの里 工場見学

知多半島で人気のスポットのひとつが美浜町にあるえびせんべいの里。ここは敷地内にえびせんべい工場があり、製造過程を見学できるのが売りです。息子は機械が好きで、流れるえびせんべいを飽きずに眺めていました。

えびせんべい工場

もちろんここの売りは工場だけではない、というか、工場がメインではありません。最大の魅力は数多くのえびせんべいが並ぶ売り場です。しかも、ほとんどのものが試食できます!一通り食べて周るとそれだけでお腹が膨れるくらいの種類の豊富さです。

えびせんべいの里

しかもここには無料でお茶やコーヒーが飲めるスペースまで併設されています。さすがに試食品を持ち込んでお茶を飲むのは禁止ですが…

また子どもたちが大きなえびせんべいに絵付け?!をして、その場で焼いてもらえるという、体験コーナー(せんべい代は実費)もありますから、えびせんべいの里だけでも、結構楽しめてしまいます。