馬籠

2020年11月、中山道ぎふ17宿という毎年行われているイベントに参加して馬籠に出かけました。馬籠で地元のガイドさんに落ち合い、馬籠宿を案内していただいて、ランチを食べるというプランです。

馬籠宿の散策を始めてすぐに目に入る水車。復元されたものですが、現在は水力発電に使われているのだそう。

馬籠の水車

ガイドさんの先導で馬籠を散策します。馬籠の街づくりにかかわった方で、いろいろな裏話も聞けてとても面白い。

ガイドさんと馬籠を散策
馬籠の町並み
馬籠の町並み

木曽の五木の特徴を伺ったり。

木曽の五木
木曽の五木

そして馬籠から妻籠へと向かう旧道に入ります。

馬籠から妻籠への道

ランチは峠の手前にあるこちらのレストラン。ガイドさん一家の経営だそうです。食べきれませんでした。

ガイドさんと別れた後、島崎藤村の記念館に寄って帰りました。

島崎藤村記念館
島崎藤村記念館

ちなみに、現在馬籠は岐阜県に属していますが、以前は木曽、つまり長野県だったそうです。長野県だと外れになってしまう馬籠の子どもたちは、長野県内の高校に通うのも大変で、親せきなどを頼ってより近い岐阜県中津川市の学校へ行っていたとか。

そこで妻籠の住民が岐阜県への編入を求めて長野県に働きかけたところ、猛反対したのが学校の先生たちだったとか。いわく「木曽路を代表する『夜明け前』を書いた島崎藤村の出身地が、長野県でなくなってしまう」。おいおい、誰のための教育か、というようなお話。ちなみに裏は取っていません。

彦根 天寧寺五百羅漢、清凉寺、龍胆寺、大洞弁財天

JR彦根駅の東側を見ると、低い山が連なっています。JR琵琶湖線(東海道線)と、東海道新幹線や名神高速が通る旧中山道とを分けている、石田三成の佐和山城があったあたりです。東山公園や東山保育園という名前がありますから、この辺り一帯は東山と呼ばれているのでしょうか。

彦根と言うと、どうしても国宝彦根城や、彦根の城下町が観光地のイメージですが、この山のあたりも実は見どころが多い歴史上重要な場所。でも訪れる人はほとんどなく、とても静かなウォーキングが楽しめます。

一つ注意が必要なのは、彦根城がある彦根駅の西側とは違い、東側には商業施設や飲食店が皆無に近いこと。歩きながらお店を探しても、駅周辺に数えるほどしかないのが現状。ランチを食べるところとか、ちょっと考えておいた方が良いでしょう。

さて、そんな彦根駅の東側を歩いたのは10月30日、山際と言っても紅葉にはまだまだ早い時期でした。

天寧寺五百羅漢

まず訪ねたのは天寧寺。彦根駅を出て、東に向かい徒歩20分くらいでしょうか。山の斜面を少し登って行ったところにあります。

天寧寺
彦根 天寧寺

天寧寺は文政11年(1828)建立の、井伊直中(井伊直弼の父)ゆかりの寺です。直中に仕えていた腰元の不義をとがめて罰したところ、何と相手は自分の息子だったとか。それを悔いて腰元若竹と園子(つまりは自分の孫)を弔うために建立したとか。何ともはや…の理由ではありますが。

天寧寺の見どころは五百羅漢像。その中で一回り大きな像が十六羅漢像です。これだけの数の像が道内に並ぶ姿は圧巻です。

天寧寺 五百羅漢像

高台にある天寧寺境内からは、彦根城もよく見えますが、ビルや看板がちょっとうざい…かな。

天寧寺から見た彦根城
天寧寺から見た彦根城

天寧寺以外の訪問地は、もう少し北の方、石田三成の居城、佐和山城があった佐和山の麓にあります。山際を直接歩いて行けるハイキングに良い道はないかと探しましたが、どうやらないようで、一旦彦根駅の方へ戻らなくてはなりません。

石田三成屋敷跡

駅の東側からは、高架下をくぐったり、近江鉄道の線路を踏切で渡ったりしながら集落に入ります。東山公園の近くにあるのが石田三成屋敷跡。佐和山の麓ですから、山上に城、麓に屋敷、という構造だったのでしょうか。

しかし、最初は気がつかずに通り過ぎてしまいました。説明を書いた案内板くらいはあるかと思っていたら、場所を示す石柱のみ。かつては二重の堀があり、城下町も作られていたそうですが、その面影は全くありません。

石田三成屋敷跡
石田三成屋敷跡

こちらは近くの公園横にある佐和山城模型。

佐和山城模型
佐和山城模型

清凉寺

清凉寺は彦根藩を治めた井伊家の菩提寺です。井伊直政(なおまさ)の墓所として開かれた曹洞宗の寺院です。井伊家の菩提寺だけあって、なかなか立派な寺院ではありますが、訪ねて面白いところではないかも。

彦根 井伊家菩提寺 清凉寺

龍胆寺

清凉寺の少し北にあるのが龍胆寺。ここは意外に面白い寺でした。清凉寺が明るく開けた感じであるのに対して、龍胆寺の入り口は木立に覆われ、ちょっと気味が悪いかも。

龍胆寺へのアプローチ

龍胆寺の中を拝観するのには、拝観料が必要なのですが、何と素敵な庭もあり、また、桃山時代の障壁画も残っているなど、なかなかのところではないですか。龍胆寺はあまり知られていませんが、お勧めです。

龍胆寺の障壁画
龍胆寺の障壁画
龍胆寺の庭園
龍胆寺の障壁画
龍胆寺の障壁画
龍胆寺の庭園
龍胆寺の庭園

大洞弁財天

龍胆寺の前の道をさらに北へ向かうと、井伊神社を経て大洞弁財天へ。正式名称は長寿院という、真言宗醍醐(だいご)派の寺院だそうですが、有名な弁財天像が安置されているため、大洞弁財天という通称で呼ばれているとか。弁財天像は撮影禁止のため、写真はありません。

建物の木彫などが有名なようです。

大洞弁財天の木彫

彦根城から見ると鬼門(北東)にあたるそうで、山門からは彦根城が遠くに見えます。山門になぜお狐さんがいるのかは不明。

実はこちらが大洞弁財天の正式な参拝ルート。門をくぐると長い長い石段が続いています。

大洞弁財天石段
大洞弁財天石段
大洞弁財天石段
大洞弁財天石段 秋の風景

見上げるとこんな感じ。

大洞弁財天石段
大洞弁財天石段

この石段の下にはJRの踏切があります。参道をJRが断ち切ってしまったんですね。ここから彦根駅までは徒歩20分ほどです。

彦根 天寧寺五百羅漢、清凉寺、龍潭寺、大洞弁財天(ハイキング・コース)

定光寺ハイキング

応夢山定光寺は愛知県瀬戸市の山中にある臨済宗妙心寺派の寺院で、最寄りの駅はJR中央線の定光寺。JR中央線で通過した人は多いと思いますが、山中のさびれた無人駅で、乗降客はわずか。「なぜこんなところに駅が?」と思われる人も多いのでは。

定光寺は尾張の鬼門にあたり、尾張徳川家の庇護を受け、尾張徳川家の初代である、徳川義直の墓、源敬公廟があり、国の重要文化財に指定されています。

この日の定光寺駅を起点とするハイキングコースも「日帰りウォーキング 東海 (大人の遠足BOOK)」に掲載されているコース。よくこんなコースを見つけたな、という気もしますが、一部は東海自然歩道になっています。

訪れたのは11月4日、紅葉にはちょっと早かったですが、それでも色づき始めた木々をある程度楽しむことはできました。

さて、JR中央線の定光寺駅で下車すると、そこは無人駅。駅周辺のお見せらしきものはすべて閉まっており、最近使われていた形跡もありません。駅近くのトイレも古そうで、とても使いたい気にはなりません。

出ばなをくじかれる感じですが、そこから踏み出して庄内川にかかる橋の上に立つと別世界。自然豊かな世界が名古屋駅からわずか30分の乗車で来られるところにあるのに驚きます。庄内川は名古屋の北側を流れていますが、時々洪水を起こす以外にぱっとしたイメージはないのですが、ここまで来ると渓流ですね。

庄内川

庄内川にかかる橋を渡ると、定光寺へ向かう車道もあるのですが、谷沿いに東海自然歩道が通っています。ハイキングですから無論、自然歩道を行きます。沢沿いの道はよく整備されていて、沢も小さなものですが、それなりに山の雰囲気が楽しめます。小さな滝もあります。

定光寺へ向かう東海自然歩道

30分ほど沢沿いに登ると道ばたに野仏が。東海自然歩道はここから右に折れて山の中に入ります。正面は池のある定光寺公園。定光寺は道を左へ進んだ先です。

モミジの紅葉に彩られた石橋を渡ると定光寺への参道。ずっと石段の登りが続きます。両側にはところどころに石仏が並べられています。車の人は定光寺の脇まで直接行くこともできますが、やはり参道を登るのが風情がありますね。

定光寺の参道

ひたすら石段を登り、わりにこじんまりとした山門をくぐると、定光寺の境内。正面には本堂が。本堂はどこか鎌倉時代の寺院を思わせる作りです。定光寺とさほど遠くない虎渓山永保寺は鎌倉時代の創建ですが、定光寺は1336年創建。鎌倉時代が終わり、南北朝時代に入る頃ですね。本堂は重要文化財に指定されています。

定光寺本堂
定光寺本堂

定光寺の境内は、尾張徳川家ゆかりの寺という割には小さいですが、古刹ですから風情はあります。

定光寺本堂
定光寺本堂
定光寺境内のお堂

徳川義直の墓、源敬公廟を見るためには入場料100円が必要です。こちらも重要文化財ですからもちろん見学して来ました。本堂脇の小さな門をくぐると参道が続きその突き当りに廟があります。参道途中にある獅子門も重要文化財。

源敬公廟自体は柵に囲まれていて近づくことはできません。

源敬公廟
源敬公廟

定光寺を出たら、東海自然歩道まで戻り道を進みます。落葉樹が多い気持ちの良い山道が続きます。

定光寺近くの東海自然歩道
定光寺近くの東海自然歩道

道は定光寺自然休養林の中を通り、1時間ほど歩くと森林交流館という施設があります。訪れた時には閉まっていて人気がありませんでした。森林交流館を中心に遊歩道が整備されています。この中の「まなびの径」をたどります。

途中分岐などが沢山ありますが、必ず看板が出ているので、それをたどると1時間半弱で愛知環状鉄道の中水野駅に出ます。この間の山道は、車道が並行しているところもあり、山奥という感じではありませんが、自然が楽しめる整備された気持ちの良いハイキングが楽しめます。

虎渓山永保寺と多治見市内ハイキング

名古屋からは中央線でほど近い、岐阜県多治見市。美濃焼の町として知られていますが、日本一暑い町としても最近有名になりました。暑いのはかないませんから、晩秋に近い、11月12日にハイキングのつもりで訪れました。

ハイキングと言っても、JR中央線多治見駅の周辺は都市です。特に観光地もありませんし、車が行きかう道の歩道をしばらくはひたすら歩きます。最初の目的地は虎渓山永保寺(えいほうじ)。国宝の建物があり、紅葉で有名なお寺です。

多治見駅から永保寺へ向かう途中にあるのが、虎渓窯という美濃焼の窯元。メインの道路から急な坂道を上がった丘の上にあります。看板に導かれて行ってみましたが、しんとしていて誰かいるのかいないのかもわからない状態。そのまま降りてきました。

虎渓窯
虎渓窯

さらに交通量の多い道を進みますが、永保寺に近づくに従い、林が増えてきます。かつてこの辺りは樹林におおわれた丘陵地だったことを伺わせます。色づく木々を愛でながら歩きます。

紅葉
紅葉
紅葉
紅葉

そして見えてきた虎渓山永保寺の石柱。ここまで多治見駅から徒歩30分ほどでしょうか。

虎渓山永保寺石柱
虎渓山永保寺石柱

いよいよ永保寺です。寺院が並んだ道を進んでいくと、目の前に現れるのは古風な寺院と紅葉。これが国宝に指定されている観音堂で、鎌倉時代末期の建物です。

虎渓山永保寺観音堂
虎渓山永保寺観音堂

永保寺庭園の方に入っていくと、そこは別世界。まさに極楽浄土と思うくらい美しい世界が広がっていました。美しい日本庭園、紅葉を映す池、そして古風な寺院。超フォトジェニック。いや、今風に言えば「ばえる」風景が広がっています。

虎渓山永保寺観音堂と紅葉
虎渓山永保寺観音堂と紅葉

庭園周辺の紅葉も、どこをどう切り取ろうか迷うくらい美しいです。永保寺は期待以上!

虎渓山永保寺の紅葉
虎渓山永保寺の紅葉
虎渓山永保寺の紅葉

そしてもう一つの国宝が開山堂。1352年にできたとされています。柵があって近づくことができませんから、紅葉に開山堂を含めた一枚。開山堂は隠れた位置にあるので、うっかりしていると見逃してしまいかねません。

虎渓山永保寺開山堂
虎渓山永保寺開山堂

永保寺を堪能したら、今度は多治見の市街へ向かいます。永保寺の西参道を通って虎渓公園の方に出ようと思ったのですが、西参道がわかりにくい。永保寺の境内には地図もないですし、しばらく迷ってしまいました。

西参道には一定の距離ごとなのか、道ばたに石仏が並んでいます。

永保寺西参道の石仏
永保寺西参道の石仏

虎渓公園はさほど見るべきものもなく、パス。

虎渓公園
虎渓公園

次の目的地はカソリックの修道院です。正式には神言会(しんげんかい)多治見修道院。1930年設立の本格的な修道院で、建物も西欧風。周辺にはブドウ畑もあって、かつてはここでワインも作っていました。今は外部に委託しているとか。礼拝中でなければ聖堂の中も見学できます。

多治見修道院
多治見修道院

修道院の売店では、ワインやクッキーなどを販売しているのですが、行ってみたら誰も人がおらず、購入は諦めました。

さてここからは、だんだんと街歩き。美濃焼のお店やギャラリーが立ち並ぶ本町オリベストリートへ。ここで抹茶茶碗を物色。モダンな建物のギャラリーもあれば、古民家を使ったショップもあり、焼き物に興味がある人なら楽しめます。

本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート
本町オリベストリート

ギャラリー併設のカフェで遅めの昼食を取ったら、多治見駅へと戻ります。その途中に通過するのが、多治見の古い商店街である、ながせ商店街。まるっきり昭和。自分が生まれた昭和の街並みが、文化遺産のように見えてしまうのはちょっと悲しい気もしますが。

多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街
多治見ながせ商店街

商店街を抜ければ、多治見駅はすぐです。

犬山 寂光院から継鹿尾山、登山道を経てハイキング

犬山のもみじ寺として有名な寂光院を見学したら、東海自然歩道をたどり、継鹿尾山を目指します。これが寂光院から継鹿尾山を目指す一番ポピュラーな登山道のようです。寂光院から継鹿尾山山頂までは、歩きなれた人なら30分くらいで、ゆっくり歩いても1時間でおつりがくると思います。

登り口は本堂のすぐ上にあり、石仏が何体か並んでいるあたり。ここにベンチもあるので、ちょっと荷物を直し、ウォーキングスティックを準備して歩き始めます。

寂光院継鹿尾山登り口付近にある石仏
継鹿尾山登り口付近にある石仏

継鹿尾山への登り始めはこんな道。部分的に階段状に整備されています。道は主に尾根伝いになっているためか、比較的土が薄く、乾燥気味で、ずっと灌木帯が続いています。

継鹿尾山への登り始め

ところどころに石仏があります。きっと寂光院への参拝の道でもあったのでしょうね。

継鹿尾山登山道の石仏
継鹿尾山登山道の石仏

時代はわかりませんが、なかなか味わいのある石仏も。

継鹿尾山登山道の石仏

標高が上がってくると(と言っても継鹿尾山は273mなので大した標高ではありませんが)、展望も開けてきます。寂光院はモミジで有名ですが、その上の継鹿尾山にはあまりモミジはなく、黄色く色づく木々の方が目立ちます。

継鹿尾山頂上直下の展望

ほどなく頂上。東屋のようなものが建っていて、座る場所があり、休憩できます。到着したのがちょうど正午くらいで、皆さん弁当を広げていました。頂上からは展望はあまり開けていませんが、木曽川やモンキーパーク、犬山城が見えます。写真の中で犬山城は観覧車のすぐ上に写っていますが、わかりにくいかな。スマホのカメラではこれが限界。

継鹿尾山頂上からの展望 犬山城
継鹿尾山頂上からの展望

この日は、どのコースを歩くか明確に決めずに継鹿尾山まで登ってきました。東海自然歩道の道標を見ると、「善師野駅まで3.5km、1時間10分」とあります。帰りはどこかの鉄道駅まで出たいので、名鉄の善師野駅まで歩くことにしました。

東海自然歩道の道標

継鹿尾山頂上からの道は、まずは下りから始まりますが、その後は上り下りを繰り返す、尾根の道です。東海自然歩道には多い、丸太を並べた階段が整備されていますが、これが意外に歩きにくいんですよね。

継鹿尾山登山道 東海自然歩道の道
継鹿尾山登山道 東海自然歩道の道

途中、植物や風景を楽しみながら歩きます。アップダウンはありますが、標高が低いところですから、長いのぼりなどはなく、さほどきつくは感じません。以下、植物名はいずれも自信なし。

ネズミサシ
ネズミサシ?
ヤマツツジ
ヤマツツジ?

山の中はこんな感じ。

継鹿尾山登山道 東海自然歩道

尾根道はやがて分岐に出ます。東海自然歩道の本線は右、左は恵那方面に向かう恵那コースです。善師野駅へ向かうには右に折れ、東海自然歩道の本線をたどります。道は尾根を外れ、谷合へと降りていきます。道も広くなり、軽自動車くらいなら通れそうな林道のような感じ。尾根道とは植生も変わります。

継鹿尾山登山道 善師野駅への道
継鹿尾山登山道 善師野駅への道

しばらく緩い下りが続き、開けたところへ出ると、それが大洞池というため池。水は澄んではいませんが、紅葉した周りの風景を映して結構奇麗に見えます。

大洞池
大洞池

東海自然歩道はこの先、熊野神社へと向かいますが、私は大洞池で東海自然歩道を離れ、谷沿いの道を降りて善師野駅へと向かいました。木立の中の道を抜けると向こうに善師野の集落が見えてきました。

継鹿尾山登山道から善師野へ

舗装道路に出てしばらく進むと名鉄広尾線善師野駅が見えてきました。あ、電車が出てしまう…

名鉄広尾線善師野駅
名鉄広尾線善師野駅

犬山 継鹿尾観音 寂光院 もみじ寺

犬山市の木曽川沿いの山の中に、もみじ寺として知られる、継鹿尾観音 寂光院があります。秋、紅葉の頃になると沢山あるモミジが一斉に色づき、観光客の数も膨大になる人気スポット。2020年11月17日、平日に出かけましたが、それでもそれなりの人出。

寂光院のある継鹿尾山(つがおさん)は、寂光院から東海自然歩道をたどって登れる山。ハイキングに絶好の場所で、本当の目的はハイキング。寂光院はおまけなのですが、取りあえず有名な場所なのでブログで取り上げておくことにしました。継鹿尾山への登山道と、東海自然歩道ハイキングは別ページで取り上げます。

寂光院の最寄りの駅は、名鉄の犬山遊園駅。ここから徒歩で20分ほどでしょうか。木曽川沿いの道を歩きますが、歩道は幅が細く、場所によっては歩道がないような、あまり歩くのには適さない道です。東海自然歩道を通ればこの車道は避けられますが、遠回りになります。

木曽川の風景そのものもなかなか美しいです。さすが日本ラインと呼ばれるところ。ただ、対岸に新興住宅地が見えたりとか、ちょっと人工物が目に入り過ぎかなあ。

木曽川の風景
木曽川の風景

寂光院入り口は、駐車場を求める車で混雑していますが、徒歩の人はさっさと通り過ぎて、案内に従い、山道のような歩道を通ります。少し登ると寂光院の入り口に着きます。紅葉はそこそこきれい。

寂光院への道
寂光院への道

ここから、かなりの段数がある石段の道をひたすら登ります。この間は、小さなケーブルカーのようなものも設置されていて、体力のない人は利用することができます。

寂光院の石段
寂光院の石段

いい加減疲れたかな、というあたりで、寂光院の本堂などがある場所に着きます。こちらが紅葉の本番。本堂は国指定の有形文化財。この寺には重要文化財や国宝は残念ながらありません。

寂光院本堂

こちらは寂光院の弁天堂。

寂光院弁天堂
寂光院弁天堂

現在残っている建物はここに集中していて、建物自体も大きくはありませんから、すぐに見て回れます。