松尾山 小早川秀秋陣跡

以前関ケ原古戦場を巡るハイキングに行きましたが、その時行けなかった松尾山を目指しました。松尾山は西軍から東軍に寝返った小早川秀秋が陣を置いたところですが、実際には松尾山城という山城が、関ケ原の合戦以前に設けられていたところです。

関ケ原駅から登山口までは車道を歩きます。交通量の多い国道を避けて裏道を歩くと、結構風情がありますね。3月のためか、工事があちらこちらで行われていて通行止めの箇所があり、ちょっと遠回りを強いられました。

関ケ原の裏道
関ケ原の裏道

登山口は、Google Map上でもPの駐車場マークが付いていますし、メインの道路からの入り口には大きな看板が出ていますから、すぐわかります。

松尾山登山口入り口
松尾山登山口入り口

駐車場は数台分程度。割と狭い場所でした。そこからの登山道はしばらくはよく整備された林道。歩きやすい道です。おおむね植林された杉やヒノキの林を通ります。視界はあまりよくありません。傾斜が緩いので楽です。

松尾山への登山道
松尾山への登山道

さらに登り続けると、途中で山道が分かれます。急な場所には階段が設けられていますが、これがかなりの段差があり、かえって邪魔。尾根に出て若干の上り下りを繰り返します。

松尾山上頂上に近い尾根道

しばらく歩くと山頂。山城らしい土塁に囲まれたわずかな平坦地が主郭です。土塁の直下に立てられていた説明板によると、松尾山城の歴史は1400年頃にまでさかのぼることができるようです。関ケ原の真上という要衝の地ですからねえ。

松尾山上の歴史
松尾山上の歴史

松尾山城から見た関ケ原はこんな感じ。左は伊吹山です。

松尾山城跡から見る関ケ原
松尾山城跡から見る関ケ原

これを見ると、関ケ原よりは大分標高が高く、また距離もあります。歴史上では徳川軍が小早川陣地に大砲を打ち込んで寝がえりを促したことになっていますが、徳川家康の陣地はかなりこの写真では右寄りにあったはずですから、とても松尾山の山上まで弾が届くとは思えませんね。小早川軍の兵も、狭い松尾山城の中に収容できるわけがないので、本体は山麓にいたのが実際ではないでしょうか。

松尾山城の主郭と主郭を囲む土塁はこんな感じ。

松尾山城の主郭
松尾山城の主郭
松尾山城の主郭を囲む土塁(虎口付近)
松尾山城の主郭を囲む土塁(虎口付近)

この日は、そのまま関ヶ原に戻るのも芸がないので、反対側(南側)に東海自然歩道をたどり、中山道の今須宿を経て、柏原宿まで歩き、JR柏原駅から帰ることにしました。まずは、今須の平井集落を目指します

近江長浜 毛利志満 長浜黒壁店で近江牛ランチ

2月11日の祭日に、夫婦で長浜に出かけました。ここで言う長浜は近江長浜、滋賀県の長浜市です。今までに何度か訪れたことがありますが、今回の目的は主にショッピングとランチ。順序は違いますが、まずはランチの紹介から。

毛利志満 長浜黒壁店で近江牛ランチ

毛利志満は近江八幡に本店のある近江牛の名店。長浜市の黒壁地区に長浜黒壁店があります。北国街道(北陸道)に面したお店で、古民家を使ったレストランです。ここは以前ギャラリーだった場所のような気がしますが、記憶違いかもしれません。

毛利志満長浜黒壁店は特に休日は人気で、ランチは予約しておくほうがベター。予約なしで行ったら席がなく、30分以上町をぶらついて席が空くのを待っていました。

毛利志満長浜黒壁店で食すものと言えば、近江牛一択です。それ以外のメニューはそもそもないのですが。ランチメニューは3千円前後のセットメニュー(牛カツ、ステーキ、お重など)と、分厚い鉄板の上で高級な近江牛を焼いて食べる7千円から9千円のコースメニュー(二人以上)とがあります。

バレンタイン前ということもあり、ここは気張って鉄板メニューを注文。二人ですから、2種類のお肉を頼んで食べ比べ。

はい、これがメインのお肉の鉄板焼き。一人前150グラムです。脂もしつこくなく、これはうまい!このほかに前菜、ご飯、汁、漬物、そしてデザートとしてフルーツが付きます。

毛利志満長浜黒壁店の近江牛ランチ
毛利志満長浜黒壁店の近江牛ランチ

一見量が少ないようにも見えますが、もう若くない夫婦にとっては十分すぎます。食べ盛りの高校生・大学生の息子を連れて来るところではないですが。「機会があればまた来たい」が結論。

魚三でウナギのかば焼きを

毛利志満長浜黒壁店の近くにあるのが魚三。

魚三
魚三

何?魚屋さん?と思いましたが、このお店で販売しているのは琵琶湖周辺の水の幸。写真のような滋賀県名産の鮒ずしも各種。得手ではないのでこれは避けましたが。

魚三店内
魚三店内

我が家が買ったのは国産ウナギのかば焼き。写真右奥にちらりと写っていますね。この日、帰宅後に夕食で頂きましたが、これは絶品!近くのスーパーのウナギのかば焼きに比べると値段は倍以上しますが、味は三倍以上ですね。長浜近くに来たら、また立ち寄って購入すると思います。

さらに近くの黒壁オルゴール館で見つけたガラス細工のひな人形を購入。娘がいますから、お土産です。

ガラス細工のひな人形
ガラス細工のひな人形

盆梅展

帰りがけにはちょうど開催されていた盆梅展を見学。中には樹齢400年の梅も。なかなか迫力がありますね。一足早い春を堪能しました。

盆梅展
盆梅展
樹齢400年の梅
樹齢400年の梅

琵琶湖畔の水鳥

この日車を停めたのは長浜城近くの公園の駐車場。琵琶湖畔を散策すると水鳥がいっぱい。風もさほど冷たくなく、快適な一日を過ごすことができました。

琵琶湖に浮かぶ水鳥

愛知県 西尾市 茶畑と抹茶パフェに出会う

2020年10月29日、名鉄(名古屋鉄道)のキャンペーン切符を利用して、西尾市へ行ってきました。この切符は乗車券にお土産(抹茶飴)の引換券や、西尾市内のカフェで抹茶パフェを食べられるチケットが付いたもの。

西尾という町は、江戸時代には西尾藩6万石として栄え、西尾城もありました。現在でも三河の小京都と呼ばれている…ということになってはいますが、行ってみての感想は「小京都と呼ぶにはかなり無理がある」現実でした。

最近は抹茶の産地として知られるようになり、特にお菓子用などに使われる原料としての抹茶生産が行われているようです。

名鉄西尾駅を降りて、まずは西尾城の方へ向かいます。市街地の道歩きで、歩いていて楽しいことは別にありません。道沿いで見つけたのは、抹茶関連の商品が充実した茶店、抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店。名鉄のチケットはここでも使えますが、歩き始めたばかりなので我慢して先へ。

抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店
抹茶ラボ 西尾伝想茶屋店

尚古荘

西尾城の手前にあるのが尚古荘という名の日本庭園。ここは西尾城関連の庭園かと思いきや、さにあらず。西尾城東の丸の遺構に作られてい入ますが、作庭は昭和初期。それでも100年近く前ということにはなりますか。

西尾城東の丸の遺構に作られた尚古荘

西尾城跡

尚古荘にほぼ隣接するのが、西尾市歴史公園。まるまる西尾城の跡地です。門や天守閣がありますが、再建されたもの。天守閣の内部まで無料で入ることができます。

西尾城

旧近衛邸

西尾市歴史公園内にあるもう一つの施設が旧近衛邸。京都にあった江戸時代後期の近衛家の邸宅の一部を移築したものだそうです。近衛家というのは、歴史的に関白など朝廷の要職に付いてきた名家ですね。なぜ近衛邸が西尾に来たのかは定かでありませんが。

数寄屋造りの近衛邸
数寄屋造りの近衛邸

近衛邸では、庭に面した縁側で抹茶を頂くことができます。お城も見えてこれはお勧め。

近衛邸で抹茶
近衛邸で抹茶

西尾市歴史公園で見かけた飲料の自動販売機。どうやら製茶組合のようなところが仕掛けているようです。

西尾茶の自動販売機
西尾茶の自動販売機

西尾市歴史公園を出たら、ガンガン歩きます。目指すは西尾市の郊外に広がる茶畑。その辺りに製茶工場や、お茶にまつわる歴史的な場所があるからです。困ったのはランチの場所。どんどん町はずれに向かいますから、食べるところがあまりありません。やっと見つけた中華料理屋さんの味は…ノーコメント。

途中見かけたのが西尾を代表する製茶会社、株式会社あいや。ここは前もって予約しておくと工場見学もできるそうです。後ほどここのカフェに立ち寄りますが取りあえずは通過。

株式会社あいや
株式会社あいや

実相寺

実相寺は1271年、当時この地を支配していた吉良氏の菩提寺として建立。この頃から境内でお茶を育て、お茶がたしなまれていたとか。さほど見るべきものがあるわけではなく、周囲の大きな黒松が印象的でした。

西尾 実相寺
西尾 実相寺

紅樹院

紅樹院は実相寺からあまり離れていないところにある寺院。実相寺からは茶畑の間を通ることになります。西尾らしい雰囲気。

紅樹院は徳川家康の叔母の菩提寺だそうです。が、建物や文化財等見るものはさほどありません。ここで見るのはお茶の木。明治時代になって、紅樹院の住職が宇治からお茶の種子と製法を持ち込んだことによって、現在のお茶の産地である西尾に繋がったそうです。実相寺で育てられていたお茶は…今のお茶とは繋がっていなかったのですね。

紅樹院の茶の木は、その頃宇治から持ち込まれたものの子孫だそうです。紅樹院は文化財というよりは、現在の西尾のお茶の礎となった地、という意味で西尾では大切な場所なんですね。

紅樹院の茶の木
紅樹院の茶の木

あいやで抹茶パフェ

紅樹院を見学したら、来た道を戻り、西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)へ向かいます。ここは株式会社あいやの工場に併設されたカフェです。

頼んだのはこれ。抹茶パフェとお抹茶のセットです。後ろには小さな庭園があって、ちょっと良い雰囲気。おいしゅうございました。本当は、他のカフェでも抹茶パフェを試してみたかったのですが、結構ボリュームがあって、結局ここでしか食べませんでした。

西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ
西条園抹茶カフェ西尾本店(あいや本店)の抹茶パフェ

茶畑を抜けて

あいや本店の抹茶パフェを堪能した後は、またまたひたすら歩いて西尾の市街地へ向かいます。茶畑の中を抜けるルートを選んでみました。

西尾の茶畑

ここが三河の小京都?

西尾市内は、ところどころに古い街並みや、小さなお寺が残ってはいるのですが、「小京都」と呼べるようなまとまりはないのではないでしょうか。

そうした中で唯一雰囲気が良かった道がここ。両側に寺院があり、石垣や塀が細い道を挟んで続いています。

三河の小京都

ここ以外はいくつかお寺の境内にも入ってみましたが、見るべきものもなく、かつては花街だったのかなあ、と思える路地を通って西尾駅へ。観光案内所で抹茶カリントウを購入して帰途に着きました。

岩村城跡周辺ハイキング

岩村城跡は2度目です。最初に岩村城跡に来たのは2011年。子どもたちを連れてきましたが、今回は一人。富田地区のハイキング岩村の町の散策を終えてから岩村城跡へ登ることにしました。

11月11日ですから、紅葉にはちょっと早いかなと思いましたが、いやいやそこそこきれいです。登り始めからこの風景。

岩村城跡の紅葉
岩村城跡の紅葉

ただし、一旦石畳の道を登り始めると、だいたいは杉の植林地ですから薄暗く、紅葉もほとんどない道です。今回は一人ですから自分のペースで歩き、「結構下の方から石垣があったんだ」とか、前回気が付かなかったこともありました。ただ、麓の岩村の町を走る選挙カーの声がうるさい!

岩山城跡

頂上直下くらいに来ると、「紅葉の名所」と言えるほどではないですが、やっと紅葉が。

岩村城跡の紅葉
岩村城跡の紅葉
岩村城跡の紅葉

さて。いつもながら見事な石垣を眺めながらしばらく登って頂上へ。

岩村城跡

岩村城に天守閣があったのかどうかは定かではありません。

岩村城本丸の直下にも見事な紅葉が。

岩村城跡の紅葉
岩村城跡の紅葉

岩村城跡から降りてきたら、近くにある歴代岩村藩主の墓地を訪れました。小藩だったためか、藩主の墓地という割にはつつましやかですね。

岩村藩主の墓地
岩村藩主の墓地

金沢城公園 Kanazawa Castle Park

お城は結構好きです。金沢市内中心部に車で入ってくると目についたのが金沢城の石川門。建物は国の重要文化財だそうですが、何だか形も、色も、瓦も、他の城の印象とは随分違います。

金沢城の一帯は金沢城公園になっていますが、昔から残っている建築物は石川門を始め数は少なく、ただ広い、という印象。姫路城のように構造の複雑さもなく、天守閣もかなり昔からなかったようで、戦闘用の城と言うよりは、統治用の城だったのでしょうか。石垣の種類の多さは特筆されるべきでしょうけど、マニア以外にはちょっと地味なアピールですね。

散歩するには良いけど、歴史の雰囲気に浸る、という場所ではないように思いました。

投稿 by 昇龍道.

犬山城城下町でわらび餅

今日は天気が良かったので犬山城へ。前回は去年の1月に犬山城を訪れました。前回は天守閣にも登りましたが、今回は犬山城の城下町を先に訪れました。

犬山城城下町

犬山城の城下町は最近街並みの保存や観光地化が進み、古い町並みを活かした良い雰囲気になってきています。新しいお店もあれば、老舗もありますが、今日の目的は魚新通りのはずれにある御菓子処岩井本店。

御菓子処岩井本店

御菓子処岩井本店にはお団子とか、おにまんじゅうなどもありますが、お勧めは何と言っても、わらび餅。ここのわらび餅は、餅はとても柔らかく、きな粉はちょっと濃い色でとても香ばしいのです。

岩井本店のわらび餅

犬山にお立ち寄りの際は是非どうぞ。午前中で売り切れてしまうことが多いそうですが。今日は残り4箱でした。

華城行宮

華城行宮(ファソンヘングン)は水原華城に囲まれた市街地の中央に位置する王の別邸。人気のドラマ「チャングムの誓い」の撮影も行われたことで有名です。行ってみたら、史跡と言うよりも何やらテーマパーク風。ソウルで宮殿を見た目では、あまり良い見ものには思えませんでした。

でも楽しめたのは、土曜日の午後から行われるだしもの。演奏、踊り、綱渡り、演舞など、途中までしか見られませんでしたが、2時間近く続くのではないでしょうか。それが無料で見学できます。

これは女性3人による韓国舞踊。衣装がきれいです。

韓国舞踊

こちらは集団でのダンス。リズミカルで楽しめます。

韓国舞踊

綱渡りのパフォーマンス。25年前に民俗村でも同じようなものを見た記憶がよみがえりました。韓国の伝統芸能なのでしょう。

韓国の綱渡り

演武の準備をする武人。残念ながら時間切れで見ることはできませんでした。

韓国の演武

この後、タクシーでスウォン駅へ戻り、そこからリムジンバスでインチョン空港へ行こうと思ったのですが、午後4時発のバスが4時20分くらいになっても来ません。これは駄目だ、とあきらめて、タクシーでインチョン空港へ向かいました。高速料金も含めて8万ウォンくらい。バスの倍くらいの料金につきましたが、子連れの場合、このほうが楽ですね。

水原華城

水原華城は総延長5キロ。全部歩こうとしたら数時間はかかります。時間もないし、3歳児は無理ですから、一番美しいと言われるハイライト部分だけを見学に。まずはタクシーで長安門へ向かいます。

長安門はスウォン駅とは反対の北側にある門。ここから少し東に向かって歩くことにしました。

水原華城長安門

長安門の中には天井画が。

長安門の天井画

水原華城城郭ウォーキングの開始。東へ向かいます。

水原華城

大砲もあります。

水原華城

なかなか美しい曲線を描く水原華城の城郭。世界遺産だけあります。

水原華城

建物も、なかなか美しい。

水原華城

右側は公園、奥は長安城。水原華城で一番美しいと言われている場所。

水原華城

水原華城の楼閣の上で。

水原華城

川の上にも門が作られています。

水原華城

韓国ソウルの昌徳宮

昌徳宮は李王朝3代目の太宗が1405年に建てたのが始まり。1997年にユネスコの世界遺産として登録されました。僕自身は25年ほど前に一度来たことがありますが、それほど重要なものだとは当時は知らず、ガイドさんに案内されて見たはずなのですが、あまり記憶に残っていません。

北村の宿から昌徳宮は、歩いて10分程度。歩いているとすぐに見えてきました。

北村から昌徳宮へ

これは昌徳宮入り口の敦化門。昌徳宮にはここ以外からは入れません。

昌徳宮の敦化門

昌徳宮の宮廷内に入るには禁川という小さな川にかかった錦川橋という石橋を渡ります。これは1411年に作られたという古い橋。あまり注目されていませんが、橋の両側の下の方の動物の彫刻も面白いものです。

昌徳宮の錦川橋

続いて進善門をくぐります。ここにはかつて、お上に訴え出るために叩く申聞鼓というものが設置されていたとか。

昌徳宮の進善門

屋根組が特徴的。これは他の宮殿でも使われている韓国独特の様式のようです。

韓国宮殿の屋根組

次に仁政門をくぐります。

昌徳宮の仁政門

仁政門から見た仁政殿。

昌徳宮の仁政門から見た仁政殿

そしてこれが主要な政務が行われていた仁政殿。

昌徳宮の仁政殿

仁政殿の内部。

昌徳宮の仁政殿内部

仁政殿の屋根の作りはさすがに見事。

昌徳宮の仁政殿の屋根

昌徳宮の仁政殿の屋根

こちらは王の執務室、宣政殿への入り口にあたる、宣政門。

宣政門

宣政殿は、会議などもここで開かれていたそうですが、割合こじんまりしています。

宣政殿

こちらは王の寝室兼執務室の熙政堂。何と読むのでしょうか。元々の建物は焼失しており、元々景福宮にあった建物を移築して再建したもので、オリジナルとはずいぶん異なっているとのこと。

熙政堂

壁の向こうは後苑(シークレット・ガーデン)と呼ばれる庭園になっています。ちなみに後苑に入るにはガイドが必要で、別料金。25年前には入ってとても美しい場所だった記憶があるのですが、何を見たかの記憶がさっぱりありません。

大造殿は元々王妃の生活空間だったようですが、昌徳宮の大造殿は、朝鮮が日本の植民地となることを決めた国難の地とされています。

大造殿

この右側の部屋が、植民地となることを許諾する御前会議が開かれた場所とか。ただし、オリジナルの大造殿は1917年に焼失しており、この建物はやはり景福宮から移築して再建したものだとか。

大造殿

季節がら、紅葉が美しい。ここは皇太子が過ごした東宮のあたり。日本でも皇太子の住居を東宮と呼びますが、中国から来ているのでしょうか。

このちょっと質素な建物は樂善齋と呼ばれるもの。24代国王憲宗の住まい。

樂善齋

奥に見える望楼のようなものは、上涼亭と呼ばれる東屋。

上涼亭

韓国ソウル国立民族博物館と景福宮

北村の宿に荷物を置いて、近所の店で腹ごしらえ。メニューは全部韓国語。

メニューは全部韓国語

食べたのは韓国風トンカツなどなど。お値段は500円程度とお手頃。

韓国風トンカツ

歩いて景福宮へ向かいます。まずは国立民族博物館へ。博物館は入場料無料。屋外にも展示があります。

国立民族博物館

次男がミュージアムショップで欲しがったものがこれ。なぜこれが欲しかったのかはわかりませんが、値段を言って「さっき食べたお昼ご飯3回分!」と言ったら素直にあきらめました。

韓国のお土産

景福宮(キョンボックン)には、博物館の横から入れます。こちらは有料。景福宮は李王朝の創始者李成桂が1395年に建てたのが始まり。その後内戦や中国の侵略で焼失、放置されていたものが、19世紀後半に再建されたもの。

これは湖の上に立つ慶会楼。景福宮は正直大きいだけで、あまり魅かれる所はなかったのですが、慶会楼はきれい。

京福宮の慶会楼

景福宮は大きいことは大きい。

景福宮

これは玉座。

景福宮

景福宮

後で紹介する昌徳宮と比べると新しい感じ。

景福宮

何かの撮影の準備でしょうか。振付が行われていました。

景福宮