近江長浜 毛利志満 長浜黒壁店で近江牛ランチ

近江牛ランチ

2月11日の祭日に、夫婦で長浜に出かけました。ここで言う長浜は近江長浜、滋賀県の長浜市です。今までに何度か訪れたことがありますが、今回の目的は主にショッピングとランチ。順序は違いますが、まずはランチの紹介から。

毛利志満 長浜黒壁店で近江牛ランチ

毛利志満は近江八幡に本店のある近江牛の名店。長浜市の黒壁地区に長浜黒壁店があります。北国街道(北陸道)に面したお店で、古民家を使ったレストランです。ここは以前ギャラリーだった場所のような気がしますが、記憶違いかもしれません。

毛利志満長浜黒壁店は特に休日は人気で、ランチは予約しておくほうがベター。予約なしで行ったら席がなく、30分以上町をぶらついて席が空くのを待っていました。

毛利志満長浜黒壁店で食すものと言えば、近江牛一択です。それ以外のメニューはそもそもないのですが。ランチメニューは3千円前後のセットメニュー(牛カツ、ステーキ、お重など)と、分厚い鉄板の上で高級な近江牛を焼いて食べる7千円から9千円のコースメニュー(二人以上)とがあります。

バレンタイン前ということもあり、ここは気張って鉄板メニューを注文。二人ですから、2種類のお肉を頼んで食べ比べ。

はい、これがメインのお肉の鉄板焼き。一人前150グラムです。脂もしつこくなく、これはうまい!このほかに前菜、ご飯、汁、漬物、そしてデザートとしてフルーツが付きます。

毛利志満長浜黒壁店の近江牛ランチ
毛利志満長浜黒壁店の近江牛ランチ

一見量が少ないようにも見えますが、もう若くない夫婦にとっては十分すぎます。食べ盛りの高校生・大学生の息子を連れて来るところではないですが。「機会があればまた来たい」が結論。

魚三でウナギのかば焼きを

毛利志満長浜黒壁店の近くにあるのが魚三。

魚三
魚三

何?魚屋さん?と思いましたが、このお店で販売しているのは琵琶湖周辺の水の幸。写真のような滋賀県名産の鮒ずしも各種。得手ではないのでこれは避けましたが。

魚三店内
魚三店内

我が家が買ったのは国産ウナギのかば焼き。写真右奥にちらりと写っていますね。この日、帰宅後に夕食で頂きましたが、これは絶品!近くのスーパーのウナギのかば焼きに比べると値段は倍以上しますが、味は三倍以上ですね。長浜近くに来たら、また立ち寄って購入すると思います。

さらに近くの黒壁オルゴール館で見つけたガラス細工のひな人形を購入。娘がいますから、お土産です。

ガラス細工のひな人形
ガラス細工のひな人形

盆梅展

帰りがけにはちょうど開催されていた盆梅展を見学。中には樹齢400年の梅も。なかなか迫力がありますね。一足早い春を堪能しました。

盆梅展
盆梅展
樹齢400年の梅
樹齢400年の梅

琵琶湖畔の水鳥

この日車を停めたのは長浜城近くの公園の駐車場。琵琶湖畔を散策すると水鳥がいっぱい。風もさほど冷たくなく、快適な一日を過ごすことができました。

琵琶湖に浮かぶ水鳥