犬山温泉 八勝閣みづのを

子どもたちの夏休みが終わる直前、8月30日に近場の温泉へ出かけました。場所は愛知県犬山市。古いお城などで有名なところですが、ここには犬山温泉という比較的新しい温泉があります。

宿は八勝閣みづのをというところにとりました。

犬山温泉 八勝閣みづのを
写真右側が宿、そして木曽川の流れをはさんで左奥に見えているのが犬山城です。この木曽川では鵜飼も行われますし、なかなか風光明媚なところです。

当日は愛知万博の宿泊地に使う人が多いそうで、満室でした。値段も格安とは行きませんでしたが、割安な「川の見えない部屋」をとりました。子ども連れですから、風景をめでる余裕はなかろう、と思ったわけです。結果はその通りでしたが。

面白いのは全館畳敷きで、スリッパを使わないこと。これはなかなか快適です。食事は部屋食ではなく、ラウンジで取らなければならないのが子連れにはつらいところでしたが、子ども向けのお風呂セットなども用意されており、サービスは良好です。

お風呂はあまり特徴のないお湯ですが、川べりに作られた露天風呂は開放感があふれ、気持ちの良いものです。対岸から双眼鏡を使われたら覗かれそうですが。

犬山温泉 八勝閣みづのを露天風呂
この日は雨が降っていましたが、小雨でしたからむしろ火照った体には気持ちの良いものでした。また露天風呂の温度が低めに設定されているのも子ども連れにはグッド。熱いお風呂だと子どもが先に出たがってゆっくりできないからです。

からくり人形
ロビーにはからくり人形が置いてあります。からくり人形は犬山周辺をはじめとして愛知県各地の祭りの山車で使われている郷土芸能のようなもの。手で触れるようにしてあるのも楽しかったです。

食事は夏にあわせて冷たいものが主体。メインの魚はもちろん鮎でした。温泉旅館でよくある「これでもか!」という量が出てくる食事とは異なり、ほどほどの量でさっぱり目の内容でしたが、それでも大人二人分を頼んで子どもたち二人にも食べさせてちょうどでした。

「犬山温泉 八勝閣みづのを」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。