河川環境楽園

以前に河川環境楽園に行った話は旅行関係のブログに書いたのですが、再び長男と行ってきたので今回は一宮のブログに書きます。

ここは水族館をはじめ複数の管理者が異なる公園が合わさった施設で、高速道路のサービスエリアも兼ねているというユニークなところです。

次男は熱を出してしまったのでかわいそうだけど女房と一緒にお留守番。長男は楽しみにしていたので、やめる、というわけにもいかず、ひとりだけつれてくることになりました。

さて入場するとすぐのところにある大観覧車。長男は前は見向きもしなかった観覧車がなぜか最近はお気に入りで、一番に向かったのがこれでした。でもここの観覧車、子どもも大人も600円とちょっと高いんです。でもご満悦の子どもの顔を見ればそんなこと言ってられませんけどね。

河川環境楽園観覧車

このあとは世界最大級をうたう淡水魚の水族館アクアトト・岐阜に入り、お魚さんを見物。最近動物園よりも水族館の方が好きみたい。ここは長良川や木曽川にいる魚たちが上流から展示してあるほか、アフリカやメコン、アマゾンの淡水魚たちも展示されています。大きな淡水魚が奥行きのある水槽の中を泳ぐ様は、ちょっとヒーリングです。

アクアトト岐阜

お昼は2箇所あるレストランに入ろうと思ったら、どちらも順番待ち。特に泳ぐ魚を見ながら食べられる水中レストランには一度入ってみたいのですが、今回もあきらめ、屋外でファーストフード。体にはあんまりよくないけどなあ。

そしてお昼を食べてから、川で水遊び。ここの良いところは、入場無料でこうして楽しめるスペースがたくさんあるところ。観覧車や水族館をはしょって弁当もちでくれば一銭もかからない!まあそこまでケチることはないけど。

このエリアには木曽川の上流から中流・下流の風景が再現してあってちょっとした散歩コースになっています。小さな子どもには岩があるところもあったりして、探検コースに感じられるかもしれません。

河川環境楽園

それ以外にも船に乗ったり、農家で手作業を体験できたり、シーズンと日によっては簗漁に参加できたりとイベントも企画されていて、なかなか楽しめます。

「河川環境楽園」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。