木曽川扶桑緑地公園

連休2日目。この日は本当は昭和村を目指したのですが、小牧あたりで国道41号線が大渋滞。例によって?!子どもが「腹へった」と合唱を始めました。本当は昼前について弁当を食べている予定の時間なのに、車はなかなか動きません。

そこできっぱりとあきらめ、渋滞している道路から降りて向かったのが木曽川扶桑緑地公園。愛知県扶桑町の木曽川沿いにある公園です。

木曽川扶桑緑地公園

心配していましたが、駐車場にも空きがあり、上の写真のように結構空いている様子。実はこれは公園の端の方で、大型の遊具などがあるのは少しはなれたところ。そちらはもっと混んでいるのがわかったのは後からでした。

とりあえず木陰を探してお弁当。周囲にもレジャーシートを広げた家族連れが何組もいます。でも混雑という印象はなし。目的地を変更して正解だったようです。

木曽川扶桑緑地公園

お弁当のあとはお散歩、そして見つけたのが水遊びをできる場所。ちょうど天気も良いし、昭和村でも水遊びをさせるつもりで着替えも持ってきていたので、早速子どもたちのズボンまで脱がして遊ばせます。すっぽんぽんで遊んでいる子もいました。

小一時間遊んだでしょうか。着替えをさせてさらに先に進みます。大型の遊具がみえています。でも子どもたちが足をとめて夢中になったのは…

タンポポの綿帽子

タンポポの綿帽子です。飽きずにとっては「ふーふー」吹いて飛ばしています。下の子はうっかりなめてしまってぺっぺしています。テントウムシを見つけては大はしゃぎ。「幼虫がいた!」で大喜び。このくらいの年代の子どもが興味を持つことは、昔も今も変わりないですね。

大型遊具やアスレチックもあり、小学校の低学年くらいまでの子どもたちならかなり楽しめるのではないでしょうか。

木曽川扶桑緑地公園

でも我が家の子どもたちの感想では、タンポポが一番楽しかったそうですが。