日本モンキーパーク

今日は犬山市にある日本モンキーパークに行ってきました。僕らが子どもだったころは通称犬山遊園及びモンキーセンターと呼んでいたのですが、今は一体化して名称も変わったのかな。

一宮市からは車で1時間ほど。かつて中学生のころには友達とサイクリングで来た記憶もあります(最近再び自転車に乗り始めていますが)。

モンキーパークが近づくとあちらこちらに有料駐車場の看板。最初は200円から始まり、300円、500円、そして700円まで!

何かと思ったら、モンキーパークの駐車場料金が1000円なんですね。だから距離に応じて1000円よりも安い料金設定がされているわけです。

愛知万博のおかげで客足が遠のいているそうですが、確かに天気が良い日曜日だというのに駐車場は半分は空いていたでしょうか。

入り口は遊園地の側と動物園(サル園)の側にありますが、まずはお猿さんから。

以前は狭い檻ばかりでしたが、今はサルによってはゆったりしたスペースで飼われているものもあります。未だに狭いところに押し込まれてかわいそうなものもかなりいましたが。

ワオキツネザル
中でも面白いのがここ。ワオキツネザルが放し飼いにされている中には入れるコーナーです。運よく一頭が近くに来てくれていました。時間帯によっては餌やりなども見られるようです。

ゴリラ
あちらこちらに写真スポットが作ってあったりして気が利いています。ここで家族写真を撮っていたら、後から来た人たちが次々に順番待ちして同じような写真を撮っていったのが面白かったです。

昼食を場内のレストランで食べました。フライドポテトがなかなか出てこないので文句を言ったら、おばちゃんが「ごめんなさいね」と言いながら大盛りにしてくれました。ディズニーランドではこうはいかないでしょう。ローカルな遊園地ならではですね。

昼食後はダンボのモノレールに乗って遊園地側へと移動。1歳の息子はこれが気に入ったようで、降りるのを嫌がりました。

機関車ジェームス
さて次はいよいよ長男が楽しみにしていたトーマス列車です。でもこの日はトーマスではなく、ジェームズが走っていました。実際は蒸気機関車ではなく、車輪も描いてあるだけのディーゼル機関車なのですが、子どもはこれだけでも大喜び。昔乗ったときの汽車がどのようなものだったのかまったく記憶にありませんが、多分人気のトーマスに乗れる、というだけでお客さんは増えるでしょうね。

機関車トーマス
この日はトーマスは車庫の中でお休み。でもジェームズの列車もこの車庫の中を通過しますから、トーマスがいることを確認した息子は「今度はトーマスに乗りに来ようね!」

アンパンマンの遊具
最後は1歳の次男も乗れるアンパンマンの遊具でしめて返ってきました。妻はこの遊具に乗るのを非常に恥ずかしがっていましたが。