岐阜市畜産センター

岐阜市畜産センターは、岐阜市の農林振興部が運営する施設です。岐阜市と言っても長良川の北、山間の谷に広がる施設で、その名の通りウシやブタなどの家畜が飼育されている他、広い芝生の広場や、簡単なアスレチックなどもあります。

尾張一宮からのルートは、先日岐阜公園へ向かったのと金華山の下のトンネルをくぐるまでは同じ。その後橋で長良川を渡り、山間の道を進みます。子どものころに一度来たことがあったのですが、その時とは新しい道もできていて、どのルートを通ってよいのか良くわからなかったのですが、さすがカーナビ。「こんなとこを通るの?」と思うような裏道を抜けて、しっかりと目的地まで連れて行ってくれました。

子どもたちは動物好きですから、とりあえず畜舎へ。まず出会ったのは豚さん。

pig.JPG

大きな母ブタに子豚がたくさん。二重の柵で動物にはほとんど近づけないところが多いのですが、ここだけはなぜか、すぐ近くまで寄ることができます。子どもたちはこわごわぎりぎりまで近づいて豚さんにご挨拶。

その後はウシ、ウマなどを見ましたが、ご覧のような二重の柵が作られています。

実は昔来たときには、このあたりでばあちゃん(今回は不参加)がロバにかまれたのでした。ひょっとしたらそんなことが続いたのでしょうか。

腹ペコボーイズがわめき始めたので木陰でお弁当。気持ちの良い日です。

午後はアスレチック風の遊園地へ。あまり大きな遊具はなく、逆に小さな子どもにはちょうど良いかと思います。

(この記事は2005年5月29日に投稿したものです。)