山中温泉 白鷺湯たわらや再び 鶴仙渓

5月31日。平日の午後、子どもたちの幼稚園も早引けさせて北陸自動車道を走ります。今回は福井北インターで降り、新しくできた峠を越える道を選びます。3月に購入したカーナビにもまだ載っていない道ですが、山中温泉にはこちらの方が近道なのです。

山中温泉には前にも行ったことがありますが、我が家はすっかりファンになってしまいました。その中でも特に気に入っているのが白鷺湯たわらやという老舗の旅館。見てください。この客室。各部屋には立派な花がいけてあります。

窓の向こうは渓流を越えて緑の山肌。5月末ですから新緑が目に眩しいです。

食事も超豪華。はっきり言って食べ切れません。これが全部じゃないですよ。そしてお値段は…高い時だと一人当たり3万円もします!でも我が家はオフシーズンの平日を狙って行きますから、なんと1万円以下!食事代だけで元が取れそうな安さです。もうリピーターですね。

鶴仙渓

鶴仙渓は山中温泉の中を流れる渓谷です。前回来たときには雨が降っていて遊歩道が歩けなかったので、今回は二日目の朝出かけます。

子ども連れですから全ルート踏破は最初から狙わず、あやとり橋から下流へ向かいます。写真のくねった橋があやとり橋。勅使河原宏氏がデザインしたユニークな橋です。

あやとり橋から樹間の遊歩道へ。とても気持ちの良いところです。

道はあまり急なところもなく、よく整備されていて子どもでも歩けます。ベビーカーにはちょっと厳しかったですが。

これが川の対岸から見た白鷺湯たわらやさん。全室が渓谷側に作られています。鶴仙渓の写真はこちらにもあります。

そしてこの次に向かったのは一乗谷朝倉遺跡です。

(この記事は2005年5月31日に投稿したものです。)

「山中温泉 白鷺湯たわらや再び 鶴仙渓」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 渓流のよどみに映る新緑 | 人の森写真館

コメントは受け付けていません。