妻籠

下呂温泉を出て長野県に入り妻籠へ。妻籠へは数年前にも来たことがありました。このときは長男がまだ2歳になっておらず、言葉もあまりしゃべれないようなとき。今回は次男が2歳で長男は5歳になっています。さほど時がたったわけではないですが、それでも「ああ前回はこうだったなあ」なんて感慨がありますね。

前回は5月の連休ころで藤の花がきれいでしたが、今回は9月に入ったとはいえ、暑い暑い。各家に生けられた花もしおれ気味です。

妻籠の花

ちょうどお昼時になり、お蕎麦屋さんへ。折から出始めたマイタケを使ったてんぷらがあったのでざるそばにつけてもらいました。まあ養殖ものなのでしょうけど、なかなか風味豊かです。お店も古い民家そのままで、狭いですけど風情がありました。

妻籠の蕎麦屋

しかし、道を歩くには暑いのと、小さな子供たちにはあまり面白いものはないので、早々に引き上げてぶどう狩りへ向かいました。中津川の近くにぶどう狩りができる農園がある、とガイドブックに書いてあったからです。

カーナビを頼りに行って見ると、むしろ馬籠に近い山の中。地図の場所には目的の農園はなくて、そこからさらに細い山道を、対向車とすれ違うのにひやひやしながら走ったところにありました。

ぶどう狩り

ぶどう狩り料金は大人1400円、ちょっと高いです。お土産はつきますが。こども達は喜んでぶどうを取りたがりますが、その場で食べられる分しか取れないルール。そうすると、ぶどうなんて一房とったら食べるのが大変。結局二房しか取れませんでした。果物狩りはたくさん取れるイチゴ狩りが良いですね。

でも、ぶどうの木の下で木漏れ日に当たりながらごろごろするのは気持ちよかったです。まあリラックス代、ですかね。