奈良公園の鹿と正倉院展

奈良国立博物館で11月12日まで正倉院展が開催されていました。ぎりぎり駆け込みで11日に見に行きました。

一宮から奈良まではカーナビの指示に従って名神高速で滋賀県を経由するルート。意外に遠いし高速料金も高いですね。3時間くらいかかったでしょうか。

前回奈良に女房と二人できた時には奈良駅に程近いシティホテルに泊まったのですが、今回は興福寺に近い魚佐旅館をとりました。とりあえず魚佐旅館へ直行し、車を置かせてもらい、さらに正倉院展の入場券をもらい(セットになった宿泊プランだったのです)、歩いて博物館へ。魚佐旅館、ロケーションは抜群ですね。

正倉院展は今回は聖武天皇にゆかりの品々を展示ということでしたが…文章などが主体で、正倉院の宝物をまだ一度も見たことがない僕にとっては少々がっかり。もっと教科書に載っているようなものが見たかった…。ミーハーかな、と思っていたら他の人のブログにも同じようなことが書いてありました。

それはさておき、2歳と5歳の子どもたちはさすが正倉院展なんて連れて行ってもしかたがありませんから、女房が奈良公園へ鹿を見せに。

5歳の長男は以前名古屋の東山動物園でヤギを怖がって泣いたという前歴の持ち主ですが、あれからさすがに3年。鹿にも物怖じせず、鹿せんべいを自分で何度も買ってきてやるという成長振り。

一方2歳の次男はまだ怖くて泣いてしまいました。確かに2歳の子にしてみたら、鹿は巨大ですからねえ。

奈良公園の鹿

(この記事は2006年11月16日に投稿したものです。)