吉良グランドホテル 東宴

5月の連休後半、月の満ち欠けも良かったので潮干狩りに出かけました。もちろん事前に大潮の時期を調べて宿も予約、2年前の潮干狩りと同様に愛知県三河地方の吉良温泉に宿泊することにしました。三河はアサリで有名です。吉良温泉は…どうやら近年温泉が枯渇したみたいで、実際に源泉を持っているのは吉良観光ホテルのみの模様…。

以前潮干狩りに来た時には吉良温泉竜宮ホテルに宿泊したのですが、今回の宿泊地として選んだのは吉良グランドホテル 東宴です。

ここは吉良温泉でも高台に立つ宿で、眺望はなかなかのもの。眼下に港や翌日に潮干狩りに行く梶島がよく見えます。下の写真は港に散歩に行ったときに撮ったもの。高台の上にあるのが東宴です。

吉良グランドホテル 東宴

ここを選んだ理由は第一に、梶島への潮干狩りがパックになったプランがあったから。第二は…まあ値段でしょうか。楽天のポイントを使って宿泊することを考えていましたし、子連れですからあまり良いところに泊まろうという気もなかったのです。

では泊まった結果は…特徴のない宿でした。お風呂が楽しみならば絶対に避けるべきです。露天風呂もありませんし。グルメを望む人も別をあたりましょう。特別なものは何も出ません。つまりは「値段なり」「可もなし不可もなし」の宿だったと言えます。特に「ここがひどかった」というところもないですしね。

食事は一応船盛りなどもついてきますが、まあ無理にホタテまで載せなくても…というのが実感。アサリの酒蒸しは言うに及ばず、地物と思われるカレイの煮物とか、鯛の塩釜焼きなどの方がずっとうまかったのですから。

鯛の塩釜焼き

中に入っている鯛は一匹ではなく切り身ですが、でも焼き加減が絶妙になってうまかったです。5歳の長男が一番気に入ったのがこれでした。子どもメニューの子供だましカレーはやめて欲しい…

なお、この後吉良グランドホテル 東宴の情報を調べようとしましたが、見つけることができませんでした。名前が変わったのか、営業していないのか…。