南知多温泉 山海館で温泉に入る

みかん狩りの後はまずちょっと前回の知多訪問で利用した魚太郎でお買い物。前回ここで買ったサバの干物がとてもおいしかったのです。この日は巨大なタカアシガニが水槽に一匹入れてあり、もぞもぞ動いて水槽のふちから出ようとしていて子どもたちは大喜び。水族館じゃこんな近くで見れませんから。

さて、魚太郎を出たら、南知多町の役場の方へ車を走らせ知多半島の伊勢湾側へ。ここで温泉を探します。

車を走らせていて目に付いたのが「天然温泉」「日帰り温泉」「露天風呂」の看板。海岸沿いの道路を挟んで山側に位置していますが、露天風呂もあるならと決めて入ったのが、山海館という温泉旅館。いやホテルかな?

ロビーや装飾は、和風と洋風のごちゃごちゃで、大きなスズメバチの巣とか飾ってあるし、はっきり言って昔良くあった田舎の宿風で趣味悪し。

温泉は大浴場と露天風呂。一度三階に上がってから二階に降りなければならないという、これまた昔の旅館の複雑な構造。2階に下りるエレベーターの前の床にはモニターが埋め込まれていて、魚の映像が流されています…

そしてお風呂の備え付けロッカーは、100円を入れると…戻ってこないタイプ。宿の内湯でこんな有料ロッカー置くかい?と突っ込みたくなる点が多々ある温泉宿です。

さて温泉そのものは、海の水かと思うほど塩辛いナトリウム温泉。でも入り心地は悪くありません。いや、結構良い。なお写真は他のお客さんが誰もいないことを確認して撮影しています。

山海館の大浴場

露天風呂は浴室内にある急な螺旋階段を上った3階にあります。

山海館の露天風呂

砂浜や海が眺められて、結構気持ち良いお風呂です。装飾は相変わらず「なんじゃこれ?」の世界です。どうやら名称は「ギリシャ風露天風呂 アポロの泉」というらしいです…

ちなみに、下を通る道路やホテルの上の方の階、少し離れたとなりの温泉ホテルも良く見えます、と言うか、多分あちらからも良く見えるような気が。ただしこれは男湯の話。女湯がどうかは知りません。

まあ宿の施設やデザインは、昭和に団体客が多かった頃の名残をとどめて今風とはとても言えないものの、湯は良し!というのが評価です。近くに行ったらまたここで温泉に入るかもしれません。