コンテンツへスキップ

八戸 三社大祭 前夜祭

    そして夜はいよいよ八戸が誇る三社大祭の始まり。ねぶたなどに知名度では負けているかもしれませんが、どうしてどうして、なかなかすごいお祭りです。

    三社大祭は4日間にわたって行われますが、この日の晩は前夜祭。巨大な山車は練り歩かず、八戸市内2箇所の会場でライトアップされて展示されています。ゆっくり見るならこの時です。ライトアップもキレイですし。

    まず向かったのが八戸市役所前の広場の会場。市街一帯は車両通行止めになっているのでなかなかアクセスは大変です。

    八戸 三社大祭 前夜祭

    それにしても凝った飾り付けがなされた多くの山車がライトアップされて並ぶ様は壮観です。それぞれの山車では太鼓を叩き、お囃子も入っています。祭りですねえ。

    子どもたちも大喜び。気に入った山車の前に座り込んでじっと見ていました。

    八戸 三社大祭 前夜祭

    この山車、大型トラックほどの大きさで高さは高いものだと10メートル近くあるのではと思うほどです。ところが、出っ張った部分はすべて伸縮したり折り畳みができるようになっていて、この晩も終了したら、折り畳んでそれぞれの基地に帰って行きました。うまくできているものです。