上山(かみのやま)温泉(山形)

仕事もかねて山形県の上山温泉(かみのやま温泉)へ行ってきました。正直、仕事の話がなかったら存在すら知らなかった土地ですが、とても気に入りました。

昨今JR東日本の新幹線もネットで予約ができますし、東京へ出て山形新幹線で、という手段もあるのですが、今回は子連れで移動時間を短くしたいので、名古屋空港からJALで山形空港へ飛びました。飛行時間は50分ほど。名古屋からは午前11時頃の発なので、あわてずに行くことができます。名古屋空港は5日間まで駐車料金無料なのもありがたいです。

上山城

上山温泉は上山市に何箇所もある温泉の総称ですが、江戸時代に拓かれたそこそこ歴史のある温泉です。上山市自体が上山城下に栄えた城下町でした。小藩だったのでお城もこじんまりとしてはいますが、今でも武家屋敷が残り、そこかしこに歴史を感じさせるものがあります。

上山武家屋敷

この武家屋敷、ちょっと見には藁葺きで農家のようですが、敷地内にはこじんまりとした庭園もあり、どうやらこの藩の基準によって作られたもののようです。よく見ると玄関には表札がかかっていて、今でも子孫の方たちが暮らしているようです。4軒が並んで残っており、屋内には入れませんが、庭園などが公開されています。

そのほかにも沢庵和尚ゆかりの春雨庵などがあり、静かで散策にはとてもよい場所です。上山は「浴衣で散策できる町」を謳っていますが、本当にそんな感じのゆったりと時が流れている温泉町です。

春雨庵の地蔵

この写真は春雨庵にあるかわいい地蔵様?子どもたちはとても気に入っていました。

そして上山を特徴付けるのが市内数箇所にある足湯。中にはカフェが併設されているところも。もちろん無料で、足を拭くタオルまで備えられています。非常に細かい気遣いがそこかしこで感じられるのが上山でした。

足湯

上山の足湯

「上山(かみのやま)温泉(山形)」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。