コンテンツへスキップ

上山温泉(山形)有馬館

    今回上山温泉で宿泊したのは有馬館という老舗の旅館です。

    じゃらんで予約できるほか、他の予約サービスで有馬館を検索してみるとわかりますが、かなり多くのサイトで予約が可能で、上山温泉では代表的な宿であることをうかがわせます。

    お風呂は露天風呂(寝湯・打たせ湯併設/男女各1)、大浴場(男女各1・入替制)、アメリカンスパ、貴宝石風呂、貴宝石岩盤浴、半身浴(各1入替制)、貸切風呂など各種揃っていますが、一番のお勧めは「展望露天の湯」と銘打っているだけあって、屋上の露天風呂です。大きくはありませんが、周囲が見渡せて気持ちのよいお風呂です。ただし、周囲からも見えてしまっているような気がしないでもないですが。ちなみに女湯がどうかは知りません。写真は男湯です。

    有馬館露天風呂
    料理はどちらかと言うとよい意味で「素朴」な感じがします。量も十分、郷土のものをふんだんに使って工夫しているのがわかります。これが夕食で、部屋食です。

    有馬館夕食

    山形盆地という内陸部のせいか、温泉旅館には定番の刺身はほとんどありません。最近は山の中の宿でも刺身が出て奇異な感じがすることも多いのですが、潔いです。そしてここでうまかったのは山形牛のスキヤキです。柔らかく、脂もさほどしつこくなくて、長男は「うますぎ」と言っていました。

    そして朝食は、和食を選ぶと部屋食、洋食は1階の喫茶室で取ることになります。こちらが和朝食。

    有馬館朝食

    浴衣の貸し出しは、無料の幼児の分まで用意してもらえました。多くの宿は有料の客分だけなのでポイント高いです。上山は「浴衣の似合う町」を謳っていますし、事実雰囲気がとても良いところですので、ぜひ温泉用ではない浴衣の着付けをマスターして出かけたいものです。

    インターネット接続は部屋からは困難ですが、一階ロビーには無線LANの設備が入っており、接続のための装置も借りることができます。

    宿の施設はいささか古い気がしますが、スタッフは親切で、とてもくつろげる気がしました。贅沢な宿ではないですが、お勧めできます。