コンテンツへスキップ

三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡は、世界遺産北海道・北東北の縄文遺跡群の中核をなす遺跡の一つで、青森市内にある大規模な縄文遺跡です。ここを訪れるのは2度目、最初は2005年でしたから、まだ世界遺産にも指定されていませんでした。小牧野遺跡でストーンサークルを見た後の訪問でしたが、規模は大きいものの、ストーンサークルのようなインパクトはないかなあ。

    ストーンサークルは縄文人が作ったものがそのまま残っているのに対し、三内丸山遺跡の再現された建物は、あくまでも現代人が想像の上で再現しているものですから。

    付属する縄文時遊館という施設の中のレストランで、縄文うどんをいただきました。別に縄文人が食べていたうどん、というわけではなく、麺の中に栗やドングリが練りこまれていて、それなりに風情があります。

    縄文うどん
    縄文うどん