ネオパークオキナワ 名護自然動植物公園

今帰仁城からの帰路、少し時間に余裕があったのでさてどこに立ち寄るか。パイナップルパークとかは以前行って再訪したいとはあまり思わなかったので、動物を見にネオパークオキナワ 名護自然動植物公園へ行ってみることにしました。

ネオパークに到着したのは4時過ぎ。駐車場も結構空いているし、周辺のレストランは軒並み閉まっているし、ちょっとさびれた印象。

ネオパーク入口でも、ツアーのおまけで入場券が付いているの、せっかくだからと中に入ることに。

ネオパーク アフリカの鳥入っていきなり迎えてくれるのが、アフリカの鳥たち。距離が近い!2歳の末娘は鳥の大きさにたじたじ。施設の作りやコンセプトは雑だけど、これは結構面白い!特に子どもたちには動物が近いのがとても面白い様子。

ネオパーク アマゾンコーナー

ここはアマゾンのコーナー。アマゾンの淡水魚たちを見ることができます。ピラルクーもいることになっているけど、見ることができませんでした。

ネオパーク アフリカのサバンナここはアフリカのサバンナという設定で、いるのはダチョウ。結構飼育が容易な生き物しか飼われていないところが、みそ。

ワラビーそしてオセアニアコーナーには、カンガルーではなく、もっと小型のワラビーたち。わらわらいます。これもまたとても近いので子どもたちは大喜び。

クジャククジャクは近くで見るとでかい。やはり小さな子どもたちにはこの大きさは怖い様子。

いろいろと生き物が楽しめるネオパーク。触れ合いコーナーと言って、子犬や小動物に触れるコーナーもありましたが、時間がなくて入りませんでした。ちなみに別料金。また、ヤンバルクイナの繁殖施設、なんていう真面目なものもあります。

そしてネオパークの最後を締めくくるものはこれ。

菊人形意味不明に突如現れる菊人形コーナー。しかも、坂本竜馬をテーマにしたもの。坂本竜馬が沖縄に来た、という話は聞いたことがありませんが。最後の最後で超脱力感。B級娯楽施設の面目躍如ですね。

「ネオパークオキナワ 名護自然動植物公園」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。