宗廟

宗廟は李朝代々の国王と王族の霊を納めた礼拝所のような施設。お墓ではありません。日本で天皇を神として神社に祭る習慣があったのに似ていますね。1995年に施設と祭礼がユネスコの世界文化遺産に登録されています。

宗廟は決まった時間に行われる、ガイド付きのツアーでしか見学できません。日本語のツアーはタイミングが合わなかったので、英語のツアーに入ることにしました。末娘はお昼寝タイムで、長男は歴史に興味なし。世界遺産マニア?の次男と二人です。次男の宗廟の記事はこちら

宗廟の敷地内には池が3つありますが、死者の土地だということで、生きている魚は入れられていないとのこと。

宗廟内の池

屋根瓦の上に柿がなっている風景は、日本と共通。瓦の雰囲気が違いますが。

宗廟

11月も末近く、紅葉があでやかです。

宗廟の紅葉

これは遙拝に訪れた国王らが着替えを行う建物。

宗廟

その中。

宗廟

正殿に続く道。この道は遙拝に訪れた国王などが通る道。中央が国王が通る所だそうです。この道は正殿の横に繋がっています。正殿の正面に繋がる道は死者の霊専用の道。

宗廟

正殿への入り口。

宗廟

閉じられた門にかけられたシンプルな鍵。

宗廟

正殿を横から見たところ。

宗廟

今度は斜め前から。

宗廟

正殿の扉一つ一つに、一人の王が祀られています。

宗廟

偶然、修理か清掃のために開けられていた扉が。普段は開かれることはないとのこと。書いてあるのは祭られている王の名前でしょうか。

宗廟

こちらは正殿に入れない、李朝成立前の祖先や、早世したために目立った業績のない王が祀られている場所。

宗廟

この真中が死者の魂が通る道。

宗廟

赤い伝統的なコート?を来たのがガイドさん。

宗廟

宗廟を出て、昌徳宮の方へ続く道。右側の塀の内側が宗廟。

宗廟

バリ島のバロンダンス

今日はバロンダンスを見物。朝9時半開演ですから、夜やることが多い、他の伝統芸能と比べると子どもと一緒に行きやすい。ただ場所は、デンパサールからもウブドゥからも少し距離があるところなので、足がないと行きづらいですね。観光客向けの公演だから、もう少し町に近いところでやってもよさそうなものだけど、不思議。

バロンダンス

バロンというのは善を象徴する動物。獅子舞の原点を見るような感じ。考えてみると、日本の神社に獅子舞があって、狛犬があるのはちょっと不思議。どちらもライオンだし、アジア各地に似たようなものはあって、どうもヒンドゥー教が原点だし。神道が日本古来のもの、というのはひょっとして違っていて、昔々にヒンドゥー教の影響を受けているんじゃないのかな。

それはさておき魔女が登場。

バロンダンス

それはともかく、バロンダンスの結末は、悪を象徴するランダとの戦いになって、決着がつかないまま終わるという、勧善懲悪とは全く違うストーリー。魔女も途中で成仏?を選んでしまうし。

バロンダンスの写真はこちらにもあります。

源義朝最期の地、野間大坊

浜焼きバーベキュー魚太郎から野間の温泉へと向かいましたが、その途中にあるのが野間大坊。真言宗のお寺ですが、起源は天武天皇の時代までさかのぼるとか。知多は田舎ですが、神社仏閣が多く、かつては宗教上重要な土地であったようです。何故かは知りませんが。

野間大坊

野間大坊が有名なのは、源頼朝の父、源義朝が殺された場所であるため。1159年のことでした。平治の乱に敗れてここに逃れてきた源義朝は裏切りに会い、入浴中に殺されたと言われています。

源義朝の墓

これが源義朝の墓。裸で襲われ「木刀が一本あれば」と言ったという源義朝を弔うために、木刀が供えられています。京都あたりにこの墓があれば、拝観料500円とか取られるのでしょうが、ここは無料です。

血の池

これが源義朝の首を洗ったと言われる血の池。今は単にこ汚い小さな池ですが、ちょっと不気味な雰囲気があるかもしれません。

三井寺

石山寺をあとに三井寺へ。滋賀県にある三井寺は石山寺からさほど遠くないですが、琵琶湖を周りこみ、雄琴温泉へと向かう側の山手に位置しています。672年の創建とされていますから古刹ですが、建造物はその後の戦火で焼け、豊臣・徳川時代の再建になるものがほとんどです。門などが重文、金堂が国宝に指定されています。

三井寺仁王門

駐車場からまず出迎えてくれるのが仁王門。重文です。古色然とした門で絵になります。

しかし残念なことに国宝の金堂は修理中。外見を見ることができませんでした。中にはなかなか良い仏様や円空仏なども安置されていて見ごたえはあるのですが。

そしてこのお寺、広い。ここのところ奈良などにも行っていてお寺巡りが続いていましたから5歳の長男は「お寺はもう嫌だ!」と言い出しました。それでもせっかく来たからとぐるっと回りましたが、往時の大伽藍を髣髴とさせる広さではありますが、紅葉を見るお寺ではありませんね。

三井寺観音堂

西国十四番札所の観音堂を最後にそこそこに引き上げてきました。滋賀県もゆっくり旅行したいところですね。

(この記事は2006年11月19日に投稿したものです。)

石山寺

石山寺は滋賀県琵琶湖の南の端、瀬田川に沿う丘陵にできたお寺です。聖武天皇の発願で747年に創建されたとされる由緒ある寺院で、『蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などにも登場します。本堂と多宝塔は国宝、門や鐘楼は重要文化財に指定されています。

一宮からは名神高速をひた走り、瀬田東ICからさほど遠くありません。1時間半ほどで着くでしょうか。駐車場はさほど広くないので、花や紅葉が盛りの頃には大変かもしれません。

石山寺東大門

重文の東大門をくぐると境内。11月18日に行きましたが、紅葉にはまだ少し早いかな、という印象。それでもきれいに色づいている木もありましたが。入り口から風情があるお寺です。料金所が既にこんな雰囲気。

石山寺料金所

境内は丘ですから階段や坂道がいっぱいです。料金所を入ってすぐの階段を登ると、本堂前の広場に出ます。

石山寺本堂

本堂は国宝ですが、高床式?になった建築物で、この手のものとしては最古のものだそうです。

石山寺本堂内部

本堂の内部は、禅宗系・密教系のお寺のような荘厳さはなく、どちらかと言うと神社ののりに近い明るさ。ストイックな仏教ではなく、おおらかな教義だったのでしょうね。実は内部は撮影禁止だったのですが、この画像を見て始めて気がつきました。

石山寺多宝塔

こちらはやはり国宝の多宝塔。本堂前の広場からの撮影です。手前にある複雑な岩は石灰岩の一種ですが珍しいもので天然記念物に指定されています。このような奇岩がある土地なので古くから聖地とされていたのかもしれませんね。

石山寺鐘楼

こちらは紅葉が映える重文の鐘楼。あまり見かけない、美しいデザインですね。

石山寺は紫式部にもゆかりのあるお寺で、紫式部や源氏物語の展示もあるのですが、子ども達が飽きてしまうのでそうそうに降り、お昼ご飯を食べに。

お寺の駐車場前のお店に入りましたが、名物はしじみ丼のようです。と言っても、うどんを食べましたが。味と値段は…観光地ですね。

(この記事は2006年11月19日に投稿したものです。)

室生寺

室生寺は奈良時代の末期に奈良県宇陀郡室生に建立された各宗が道場を兼ねる珍しいお寺です。高野山が女人の立ち入りを禁じたのに対して、女人の済度をもはかることから「女人高野」の名で古くから知られています。

あたりは室生火山帯に属する古い火山地形で谷は深く、いかにも聖地にふさわしい雰囲気をたたえています。

金堂と五重塔は平安初期の建築で国宝、本堂は鎌倉時代のものでやはり国宝に指定されています。このほかにも国宝の仏像がいくつか、重文の建物や仏像がまた多くある由緒ある寺です。

石楠花が有名で、花の時期に来ると車で寺の近くまで入ることができず、大変だそうです。紅葉もまた人気ですが、僕らが訪れた時、11月12日はまだ少し早い印象でしたが、それでもきれいに色づいた木もありました。

橋を渡ってまず出迎えるのが仁王門。赤と青のカラフルな仁王様がいます。

室生寺仁王門

仁王門の周辺の紅葉が一番きれいでした。仁王門を通ると道は左へ折れ山の斜面へ。金堂へと続く階段が始まります。これは序の口。

室生寺金堂下階段

階段を登りきると金堂です。中にはなかなか素敵な釈迦如来立像があり国宝です。その周りを十二神将像などが固めていて、見ごたえがあります。残念ながら金堂内部の撮影は禁止です。

室生寺金堂

金堂の脇にはひっそりとこんな石に刻んだ像もたたずんでいました。ほとんど誰も注意していないようでしたが。

室生寺石仏

金堂から少し登ると今度は本堂。紅葉が進んだ頃に見たらきれいでしょうね。

室生寺本堂

本堂をあとにさらに少し登ると国宝の五重塔。しばらく前の台風で大きな杉の木が倒れて修理を受けたためか、古い割にはきれいに見えました。奈良の興福寺の塔とか見た跡だと随分小さく見えますが、山の中で木々に囲まれてたたずむ姿は風情があります。

室生寺五重塔

五重塔の写真手前に写っている枝は石楠花の木です。このあたり石楠花だらけです。上を見上げると杉だらけですが。

さていよいよここからが室生寺の奥の院。階段の数はなんと700段以上!はっきり言って足の弱い人にはきついです。我が5歳と2歳の息子は…

室生寺奥の院

なんと登りきりました。写真奥に見えているのが奥の院の建物です。すれ違う人たちは一様に「こんな小さな子が!」と驚いていました。我が息子あっぱれ!

でも登りついた奥の院にはさほど見るものはないんですよね。後は足を痛めないように下るだけです。

(この記事は2006年11月19日に投稿したものです。)

長谷寺

長谷寺は鎌倉など全国にあるようですが、奈良県桜井市の長谷寺が本家本元…いや本山というのかな。この場合は。なんでも起源は西暦686年、飛鳥時代にあるそうですから、日本でも有数の歴史を誇る寺です。長谷寺の場所は奈良市からだとやや南下し、桜井市から山間に入った三重県から抜けてくるルート沿いにあります。多武峰なども近いほうですね。

どうしてならに数々お寺があるのにこちら方面を選んだかというと、この日ならから一宮へ帰る予定だからです。子連れですから、あまり遅くならないようにできれば帰り道に寄ろうという魂胆。そこで長谷寺と室生寺を選びました。

さて長谷寺ですが、桜やボタンなどの花で有名です。紅葉ももちろん有名ですから「山」というイメージがあり、ひなびた山寺かと勝手に想像していました。そうしたら門前町は結構大きくて立派、大した賑わいです。

花の季節には大渋滞で門前町の通りにはなかなか車が入れられず、相当歩かなくてはならないとか。でもこの日はかなり奥の駐車場に停めることができました。

両側に並ぶお店や飲食店の間を抜けてしばらく進むと立派な山門が。

長谷寺の山門

そしてここから階段が始まります。登廊と呼ばれているそうですが、屋根が付いた登りが続きます。

長谷寺の登廊

途中幾度か折れた登廊を行くと、本堂と鐘楼の間に出ます。本堂は片側が清水寺の舞台のような感じで斜面に張り出した立派なものです。本尊は十一面観音で高さが10メートルあまりもある立派なものです。鎌倉時代の作と伝えられています。残念ながら本堂内での撮影はできません。本堂ではちょうど法要が行われていました。

長谷寺本堂

本道を抜けると五重塔の方へ斜面を回り、紅葉をめでながら下りに入ります。五重塔は最近建てられたもので新しくてきれいです。近くにはかつてあった三重塔の跡の礎石が残っています。やはり次はボタンが咲く頃に来て見たいですね。

(この記事は2006年11月19日に投稿したものです。)

奈良大仏池の紅葉

魚佐旅館を朝出て向かったのは奈良奥山ドライブウェイ。若草山に登るドライブウェイです。山の上なら今の時期紅葉もきれいだろうと思ったからです。

宿からは興福寺の脇を抜け、国立博物館の近くを抜けて正倉院の方へと向かいます。料金所はこちらの方にあるからです。大仏殿の裏手の方まで来ると大仏池と呼ばれる池があり…

大仏池の紅葉

写真は小さいのでわかりにくいかもしれませんが、非常に紅葉が映えてきれいです。通りかかる車は例外なく路肩に停まって写真を撮っています。

池には水鳥が訪れており、さらに風情が…ところが、水鳥を目当てにした人か、池のふちまで入り込んで写真撮影に非常に邪魔。立派なカメラを構えた人も困ったような顔をして、でも「どいてくれ」とも言えず、すごすごと引き上げていました。

なお同じ頃に大仏池へ行かれた方の写真がこちらのブログにあります。はっきり言って僕の写真よりきれいです。

(この記事は2006年11月18日に投稿したものです。)

奈良東大寺の大仏さん

奈良国立博物館で正倉院展<を見てから女房子どもと東大寺の大仏殿前で落ち合いましたが、じいちゃんが自信たっぷりに道を間違えてくれたので、おかげでとても素敵な小道を経由することができました。

それはともかく。大仏様にお会いするのも2度目。相変わらず修学旅行生をはじめ、すごい人出です。外国人も以前に増して目に付きますね。

5歳の長男は最近カメラ小僧と化していて大仏さんを狙うのですが、何しろ相手は暗い大仏殿の中に鎮座する巨大な仏像。フラッシュをたいても届きはしません。でもまだ長男にはなぜうまく撮れないのかが理解できない様子。かわいいですね。

父親の方はと言うと、一眼レフのデジカメなんぞを構えて挑むものの、大差なし。ぼけぼけ写真が数多く出来上がりました。そりゃ数秒間も三脚なしでカメラを構えて微動だにしない、なんて人間にはできませんからね。

その中でもまともなのがこれ。柱にもたれて撮影です。

奈良東大寺の大仏

秋は日が暮れるのが早く、その後はぶらぶらと歩いて宿の魚佐旅館へ向かいました。

(この記事は2006年11月16日に投稿したものです。)

横蔵寺

この日のメインはミイラで有名な横蔵寺。正確には両界山横蔵寺です。

有名と言っても全国に知られているわけではなく、知っているのは岐阜とか愛知の人くらいのものでしょうけど。スケールはもちろん京都・奈良・近江などの有名な寺にはかないませんが、歴史的には古い寺で、桓武天皇の勅願によって801年に開山しています。平安・鎌倉時代あたりまでは、沢山の僧坊を構えてかなり栄えていたそうです。戦国時代から斜陽化して織田信長に寺領を取られ、さらには比叡山再興のために本尊の薬師如来像は比叡山に持ち出されて根本中道の本尊になっているそうです。以前は相当格式の高い寺だった、ということですね。

今は、往時の面影もあまりないひっそりとした田舎寺の趣ですが、重要文化財クラスの仏像などもいくつか残っています。

横蔵寺

またミイラはいわゆる即身成仏をした僧のもので、妙心上人という人です。拝観することができます。

横蔵寺はこのあたりでは紅葉の名所なのですが、暑さが厳しかった年の11月はじめではいささか早すぎたようです。

横蔵寺の奥は「いこいの森」という公園になっています。山に囲まれたきれいな広場があるほか、ハイキング道も整備されています。

横蔵寺いこいの森

この日は小さな子連れだったのでハイキング道には足を踏み込みませんでしたが、谷汲の華厳寺まで山道を歩いていくこともできます。東海自然歩道の一部にもなっています。

そして帰りがけ。横蔵寺の入り口付近に露店を出しているおばあさんたち。漬物などを買いましたが、素朴な味わいで、こうしたところを訪問する楽しみの一つですね。
横蔵寺売店のおばあさん