バリ島へ

台北では一泊だけ。朝早く起きてホテルの朝食はパックしてもらい、ホテルの車で空港へと向かいます。タクシーよりは若干高いけど、タクシーよりは信頼性高し。

台北からバリ島へと向かう便は、乗客の半分くらいが欧米人。日本人は他にごくわずか。中部国際空港(セントレア)からバリ島への直行便はなく、もう少しいてもよいかと思うのですが、行き帰りに台北で一泊ずつしないといけないのは、普通の日本人には時間的に厳しいのでしょうね。

台北の空港

台北の空港内は無料のWifiが使えました。中華航空機はエコノミーのシートでもビデオ・オン・デマンドが楽しめるし、サービスもまあまあ。でも5時間のフライトは緊張気味の末娘には厳しかったようで、離陸そうそう酔ってしまいましたが、ひと眠りしたら元気になりました。

バリ空港のガルーダ

バリの空港に降り立つと、そこはいきなり南国。エキゾチックな世界がお出迎えです。ビザは到着した後、イミグレーションの前のカウンターで代金を払えば取得できます。

イミグレーションで空港でビザを取った人用のラインに並んでいたら、子どもが多いのを見たせいか、係員がやってきて、僕らにだけ「あっちのカウンターに行ってもいいよ」とささやいてくれました。親切です。

インドネシアには20年前くらいに来ましたが、バリ島は初めて。でも空港から、滞在地のウブドゥへ向かう道の風景は、イスラム教徒が多い他の地域とは明らかに違います。

お寺のような建物が多いし、石の彫刻などを売っている店もたくさん。建物の雰囲気は、やはりヒンドゥー教国のネパールに似ているでしょうか。

台北 士林の夜市(ナイトマーケット)

台北で宿をとったのは星美飯店(スターズ ビューティー ホテル)。士林という地域にあります。ここは、夜市(ナイトマーケット)で有名。それでもホテルからは歩いて10分から15分くらいはかかりましたが。

士林の夜市

どこへ行ったら良いのか良くわかりませんでしたが、近づいて行くと人が増えて来るのでそちらの方へ。まず入り込んだのはにぎやかな商店街。

士林の夜市

洋品店などが多い地域の中に、鶏肉製品を売るお店が。

士林のお寺

士林の中にあったお寺。

士林の屋台

屋台を物色中。でも子どもたちが目を付けるのはフライドチキンとか、そんなものばかり。

士林のお店

ここで鶏の焼いたものを買い、食べ歩き。食べ歩きをしている人が多い割に、ゴミが落ちていないと思ったら、ところどころにちゃんとゴミ箱が置かれていました。

安食堂で夕食

お値打ちな食堂(見ればわかりますね)に入って夕食。チャーハンがうまい。麺は種類によって酸味が付けられていて子どもたちは苦手。なれないところで緊張気味の末娘はマンゴージュースとライチージュースを飲んでお腹がいっぱいに。

珍珠(黒い粒々のタピオカ)紅茶

デザート代わりはアジアらしくタピオカ。台湾では黒い粒々のタピオカを珍珠と呼ぶようです。入っているのはミルクティー。とにかくお茶屋さんもよく見かけます。屋台にカップに薄いビニールで蓋をする機械が用意されていて、太いストローを突き刺していただきます。

台北の鼎泰豊で小籠包を食す

台北の鼎泰豊で小籠包

今日は飛行機乗り継ぎのため台北で一泊。台風の接近でフライトがキャンセルになったらどうしようと思っていたけど、無事到着。心配なのは明日のフライト。

それはともかく、台北の鼎泰豊という超有名なお店で小籠包を頂きました。入り口で注文だけ済ませ、番号を呼ばれるのを待つこと約30分。

普通の小籠包とエビの小籠包を頼んだけど、どちらも上品な味で確かにうまい。子どもたちも大喜びで、一皿追加してしまいました。

実際にはこのお店、小籠包の専門店というわけではなく、中華料理店なので、他のメニューもいつか試してみたいですねえ。

台北の写真はこちらにもあります。