バリ島のソーシャル・レストラン:Chillout Lounge

The Chillout Loungeは今回バリ島のウブドで滞在しているホリデーハウスの近くにあるレストラン。

ウブドのメイン通りである王宮の前のJl.Raya UbudとJl.Sandatとの交差点にCorner Warngというレストランがありますが、Jl.Sandatに入って、数軒先の左手に、壁に落書きのようにかかれたChillout Lougeの文字。その先が入口です。

Chillout Lougeの入口。え!こんなところにレストラン?というところにあります。

オーナーはイギリス人の若い感じの人。10か月前からオープンで、お客さんは若いグループや作家さんらしきクリエーティブな感じの欧米人。ギターを片手に一曲弾いてくれたお客も。

中庭があり、ゆったりできます。

ここのお店のコンセプトは「ソーシャル」で「エシカル:倫理的」。

利益の10%は、インドネシアの恵まれないこどもたちの支援を行っているファンドへ行きます。環境にもやさしいが、コンセプト。机などの木材は使用済みの船の木材をリサイクルしたものだそうです。野菜はオーガニックで、そうした農園を持っているようです。残ったものは、お持ち帰りのパックにいれて持たせてくれます。

奥が厨房。壁にはバリの各地の写真がかかっています。

私たちの注文したのは、娘にあわせて、ミートボールスパゲティと、私にあわせて、フェタチーズとトマトのサラダ。一皿450,000Rpsくらいでしょうか(450円弱)。このほか、娘はリンゴジュース(フレッシュなので、時間がたつと変色してきますが結構おいしい。)。私は、ミックスすむーじー(バナナとか南国フルーツがいっぱい入っています。サラダはおいしかったです。スパゲティは、少し甘かったかな。(少しバリ風?)。カルボナーラなどもあり、ロティ(インド風うすいパン)もあるようです。

サラダがおいしい

食べていたら、ここのオーナーのイギリス人がやってきて、ちょうどお昼時だったので、自分で厨房に入って、料理していました。ソースもミキサーで野菜をまぜてつくったりして、手の込んだ食事。おいしそうなにおいがしていました。料理の上手な英国人かー、と不思議な感じもしましたが、料理がすきそうです。

週末には音楽も演奏する(アコースティックギター)ので、ぜひどうぞ。

まだ、日本のガイドブックには紹介されていないようですが、コンセプトとしてもおもしろいと思います。ぜひ紹介してほしいですね。

ママのお楽しみ編:スパ!

バリ島でのママのお楽しみ。それはスパ!

ウブドゥで比較的安く、それなりに楽しめるというスパに行ってきました。

モンキーフォレスト通りとハノーマン通りの三叉路、COCOスーパーマーケットを超えて少し歩くと左手に入る小道にあります。(地球の歩き方に地図が載っているので参考になります。)

建物外観は、思っていたよりもこぎれい。かわいい感じ。

Zen spaの建物外観

入ってみるとそこは別世界。ちょっと南国風の受付。

中の受付

日本語のパンフレットも置いてあるので、注文は簡単です。ただ、私は待つのがいやなのでその日の朝にここに電話を入れて時間を予約。(近くのチャイナムーンというおいしい餃子が食べられるレストランで家族と食事の後、旦那にこどもたちつれて宿泊先に先に帰ってもらいました。ここからママのお楽しみタイム!)

私が試したのは、マンディ ルルール(1時間45分コース。Rp 150,000。約1500円弱。安い)。17世紀ジャワ宮廷のトリートメントディープディッシュ式ボディーマッサージが50分ほど。それからターメリック、白檀とライスパウダーをミックスしたパウダーを全身に塗られ、少しおかれた後、スクラブ。(ようはあかすりみたいなかんじ。)スクラブが終わったらヨーグルトパックを塗られ、少しおかれます。(毒素を取り除くそうな。)最後に、香りのオイルがしみこんでいる赤い花のフラワーバスに20分にたって、おしまい。というもの。

さて、どんなとこに連れて行かれるのか、と思いきや、この黄色の渡り廊下にはなんと水が流れています。飛び石を伝っていくと右手に施術室(?)。スパ用の個室でした。

さらなる別世界へ。いざなう渡り廊下。

手ぶらでいっても、ディスポーザブルタイプの黒のパンティが支給されるので、それをつけて、仕上がります。

ターメリックぬられて、ヨーグルトぬられながら、このままカレーになって出されるのかという気分でした。フラワーバスは、少しぬるめだったので、勝ってにお湯をたしていい湯だなーと一人で楽しみました。自分専用の小さなお庭を眺めると、鳩がやってきたり、和みました。20分間の後、係りの人がやってくるのですが、気になって先にあがって着替えてまっていましたが、本当は係りの人がくるまでフラワーバスを楽しんでいてもよかったようです。(そのあとタオルを持ってきてくれたので)

スパの個室

実はこの後、フェイシャルも頼んだママでした。

ハーバルアロマティックフェイシャル(1時間。Rp100,00。千円弱。安い)

クレンジングの後、ピーリングとスティームによるトリートメント。フェイスマッサージの後、インドネシアに伝わるハーブを使ったフェイスマスクでパックして、少し肩をもんでもらっておしまい。

フェイシャルはこの建物の2階で、もう一人の人と相部屋でした。でも気にならず、インド風の音楽を聴きながら、少し意識が遠のくほど気持ちよかったです。

というわけで、さっそく次回のアポも帰り際に入れてしまったママでした。

この値段で、日本でスパは楽しめないでしょ。今のうち、今のうち。ウフフ…!

バリ島でBird Walk Tourに参加

今日は、男の子二人と一緒に Bird Walk Tour というものに参加。午前中をかけてバリ島ウブドゥ郊外の田園地帯を歩き、鳥や昆虫を探すツアーです。大型のカワセミ、ジャワショウビンも見れるし、蝶もたくさん。バリ島の田園風景も美しいし、その田園風景が観光客が多いウブドゥの町から歩いてすぐのところに展開しているのにもちょっとびっくり。

緑のトカゲを持つ子ども

写真のように子どもたちもとても楽しんだ様子。二人揃ってカメラを宿に忘れて来る、という失態もありましたが…

Bird Walk Tourの記事はこちらにも掲載しています。Bird Walk Tour で撮影した写真はこちらにアップしてあります。

バリ島大家さんのお宅にお招き

今日は借りている家の大家さんのお宅から昼食のご招待。ウブドゥからは車で40分ほどかかるのですが、海辺にほど近いところに、また別の貸家をお持ちで、その一棟に大家さんご夫婦もお住まいです。

去年オーストラリアへ行った時には、借りている家に大家さんご夫妻をご招待しましたが、こうしたオーナーさん達との交流も、ホテルでは決して味わうことができない、現地を知る良い機会です。

大家さん宅のプール

大家さん宅はウブドゥよりも標高が低くて温かく、子どもたちはさっそくプールに入れてもらいました。花も多く、陽光もさんさんで極楽。

サテを焼く

この日のお昼のメニューはインドネシア風焼き鳥のサテ・アヤム。サテが串に刺した焼き肉のことで、アヤムが鶏です。

大家さんと食事

大家さんご夫妻はインドネシアのジャワ島出身だそうですが、バリが気に入ってこちらでリタイアすることに決めたのだとか。

この日の他のメニューは、豆腐のオムレツや野菜いため、ナスのしぎ焼きなど。どれもこれもうまいうまい。サテとオムレツにはピーナッツソースをかけ、ナスにはトウガラシのペーストをかけます。

帰りにはイエ・プルゴア・ガジャの二つの遺跡を訪問しました。

バリ島、ウブドの家

バリ島ウブドの家
バリ島ではホテルではなく、家を借りています。家族が多いと、ホテルに宿泊するより家を借りる方が安くなりますし、キッチンも使えて便利なのです。

そしてこの家、ウブドの王宮から徒歩10分という距離にありながら、メインストリートからは路地を入った奥、完全に昔ながらの村の中にあります。

この家、良く見ると安普請ではありますが、テラスを大きく、屋根を高くとるなど、デザイン的な工夫がしてあり快適です。

周りは緑が多く、昔風の池もあって、カエルやヤモリ、さらにはリスやサルまで周辺にいます。

家の前の路地に一歩出ると、そこは観光客が通らない田舎道。

バリ島ウブドの路地裏

両側の家はお寺のように見えますが、どうやら普通の民家。この辺りではどうもヒンズー教の祠がどこの家の入口にも祭ってあるようで、また、どこの家でも家の前に葉っぱで作ったお皿に載せられたカラフルな花びらが供えられています。

バリ島ウブド家の前のお供え

バリ島へ

台北では一泊だけ。朝早く起きてホテルの朝食はパックしてもらい、ホテルの車で空港へと向かいます。タクシーよりは若干高いけど、タクシーよりは信頼性高し。

台北からバリ島へと向かう便は、乗客の半分くらいが欧米人。日本人は他にごくわずか。中部国際空港(セントレア)からバリ島への直行便はなく、もう少しいてもよいかと思うのですが、行き帰りに台北で一泊ずつしないといけないのは、普通の日本人には時間的に厳しいのでしょうね。

台北の空港

台北の空港内は無料のWifiが使えました。中華航空機はエコノミーのシートでもビデオ・オン・デマンドが楽しめるし、サービスもまあまあ。でも5時間のフライトは緊張気味の末娘には厳しかったようで、離陸そうそう酔ってしまいましたが、ひと眠りしたら元気になりました。

バリ空港のガルーダ

バリの空港に降り立つと、そこはいきなり南国。エキゾチックな世界がお出迎えです。ビザは到着した後、イミグレーションの前のカウンターで代金を払えば取得できます。

イミグレーションで空港でビザを取った人用のラインに並んでいたら、子どもが多いのを見たせいか、係員がやってきて、僕らにだけ「あっちのカウンターに行ってもいいよ」とささやいてくれました。親切です。

インドネシアには20年前くらいに来ましたが、バリ島は初めて。でも空港から、滞在地のウブドゥへ向かう道の風景は、イスラム教徒が多い他の地域とは明らかに違います。

お寺のような建物が多いし、石の彫刻などを売っている店もたくさん。建物の雰囲気は、やはりヒンドゥー教国のネパールに似ているでしょうか。