昇龍道を巡るツアー

ここ数年子どもたちの春休みには沖縄旅行へ出かけていたのですが、長男が中学生になり、思ったより入学式の日程が早かったために予定していた沖縄旅行は断念。その代わりに昇龍道を巡るツアーを企画しました。

昇龍道とは、愛知・岐阜・三重・静岡・滋賀・福井・石川・富山・長野の9県の観光をプロモートしようというアイデア。要は中部国際空港から、鉄路や高速道路を使ってアクセスがし易い地域を一緒に宣伝しよう、ということですね。

私が住む愛知県一宮市は、東海北陸道、名神高速道などのインターチェンジがあり、名神高速から中央高速や北陸道へもアクセスに恵まれた地域。そこで今回は東海北陸自動車道から日本海側を目指し、北陸道経由で戻ってくるルートを企画しました。

東海北陸道に沿っては、高山や白川郷が有名ですが、この二つは最近仕事で行く機会が多いのでパスし、五箇山相倉集落からエントリー。その後、金沢の兼六園や金沢市内、輪島周辺の奥能登、そして和倉温泉、最後に福井県の永平寺を回って来ました。各観光地を時間を見てアップして行こうと思います。写真が多いのでFacebook内にアルバムを作成して収納して行きます。