五箇山相倉集落 世界文化遺産

東海北陸自動車道を北上し、観光客が多い白川郷はパスして五箇山へ。白川郷は岐阜県ですが、五箇山は既に富山県。白川郷よりさらに山深い感じ。その中でも奥にある相倉集落が雰囲気が良さそうなので行ってみました。写真はFacebookの世界遺産どこ行った?にアップしてあるものです。

この日の天気はあいにくの雨。足もとも冷たい雪解け水が流れて、スニーカーで行った我が家の面々はかなり悲惨なことに。でも、雪で冷やされた空気が霧を生み出し、合掌造りの集落は幻想的な雰囲気に。観光客も少なく、静かな相倉を堪能できたのかもしれません。

集落内の食堂も空いていて助かりました。温かいうどんや蕎麦をいただきましたが、味付けが名古屋周辺と比べると甘め。これは後ほど訪れた金沢や能登でも同じでしたから、北陸地方に特徴的な味付けなのでしょうか。

“五箇山相倉集落 世界文化遺産” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。